英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

インターンで優遇ルートに乗るための英語やコミュ力の重要性

2022/10/02

インターンで優遇ルートに乗るための英語やコミュ力の重要性

 
大手企業ではインターシップを導入しているケースが多いため、学生にとってもインターンに参加し印象を残し、就職を有利にしたいと考えることでしょう。今回は、インターンで優遇ルートに乗るための英語やコミュ力の重要性についてお伝えします。
 

なぜインターンシップ制度があるのか?

 
インターンシップ制度が導入され、大手企業などがインターン生を募集し、採用するメリットは、お金と社員の時間を割いてインターンを行うのは、採用活動を有利に働かせたいという思いがあるからです。
 
インターンで採用した学生の中で優秀な学生がいれば通常ルートよりも早くアプローチをかけ、入社してもらうという思惑があるからです。もちろん、学生も大手企業などの募集に応募し、採用されたら自身をアピールし、優遇ルートに乗るための手段でもあるため、就職活動で有利に働かせようと挑戦する学生は多いことでしょう。
 
ただし、企業が求めている優秀な人材というのが、どういった人材なのかを把握しなければならないという問題もあるので、一概に自身の能力が企業に求められているのか分からないというケースも考えられるので注意が必要です。
 

企業が欲するスキルについて

 
現代社会において、企業が欲する人材像は、英語などの語学力やコミュニケーション力といったグローバル人材と呼ばれる人材を欲する傾向が強いため、インターンでもTOEICやTOEFLのスコアなどを確認することであったり、インターン中のコミュニケーション能力を見てから判断するといった傾向も強いようです。
 
グループ活動が多くなるインターンでリーダーシップを発揮してまとめる能力があるなど、社会に出ると必要とされる人間性などを企業は見ていますので、しっかりとアピールできる様に力を付けておく必要性があります。
 
また、長期インターンなどでは実践の場に配属されて仕事を先輩社員と一緒に行うこともあるため、商社やコンサルタントなど英語を多用する業種であれば、英語総合力を養っている学生の方が心象も良くなるので、英語が必要不可欠な企業へのインターンを希望する学生は英語レベルもしっかりと伸ばしておきましょう。
 

まとめ

 
インターンシップ制度が導入されるようになり、大手企業はより良い人材確保を早くから行いたいといった状況でもあります。一方で学生もインターンで企業へアピールし早くから採用したいと企業に思わせる事も大切となります。企業から高評価を得るためにも、現代社会で必要視されているスキルや能力を身に付けていなければなりませんので、語学力やコミュニケーション能力を高めてインターンに挑戦することが重要です。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約