英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

インターンシップに参加するメリット!英語の必要性を明確化

2022/10/02

インターンシップに参加するメリット!英語の必要性を明確化

 
大手企業やベンチャー企業などが導入するインターンシップへの参加は、学生に取っても多くの企業を知れるチャンスですので、活用しない手はありません。今回は、インターンシップに参加するメリット!英語の必要性を明確化についてお伝えします。
 

インターンシップに参加するメリット

 
インターンシップ制度は、学生にとって企業の仕事について深く知ることができる貴重な時間です。また、企業にとっては優秀な人材を発掘する場でもあります。
 
どちらにもメリットが存在するインターンシップを利用しないことは、学生にとっても企業にとっても、非常に勿体ないことでもあるのです。
 
なぜ参加しないことが勿体ないのかというと、早期選考のチャンスを失ってしまうのです。企業の中には、インターンシップに参加した学生の中で、優秀な生徒には早期内定を出しています。
 
また、内定は貰えないにしても第一次選考を免除されるや最終面接のみで採用の合否が決められるなど、インターンシップに参加することで内定の最短ルートを辿ることができるのです。企業側もそれだけ優秀な人材を早く確保したいのです。
 

英語の必要性を明確化

 
インターンシップに参加するメリットは、企業の内側を知ることができるため、就職活動に活かすことが可能となります。
 
グローバル化が進む現代社会で英語などの語学力が企業で、どれぐらい使われているのかといった可視化はされていません。しかし、インターンシップに参加することで、現場で働く先輩社員の働きぶりや生の声を聞くことで、仕事で大切な能力が明確になるのです。
 
そうなれば、自身がどういった人材へと成長するべきなのか、把握することが出来るため、勉強であったりコミュニケーション能力を鍛えることができます。社会に出なければ分からないこと、業界でなければ見えてこないことというのは、沢山あるのです。
 
そういった目に見えていなかった事を知ることがインターシップで得られる重要なポイントとなります。特に語学力は、どのレベルで使われているのか現場でなければ分からないので、インターシップの活用で明確にするのは大切です。
 

まとめ

 
インターシップ制度は、グローバル化が進む現代において、企業側が優秀な学生に早期内定を出して人材確保するといった印象があります。また、学生側では企業の働く現場を経験することで、自身に足らない能力などを把握することのできる環境となっています。就職活動に活かせるようにインターンを上手に活用し、成長していきましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約