英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEICのスコアを利用した島根大学への編入について

2022/10/02

TOEICのスコアを利用した島根大学への編入について

 
島根大学は、専門知識やスキル修得に加えて、地域貢献人材育成教育やグローバル教育に加えデータサイエンス教育などの現代社会で求められる能力を向上させられる大学です。
今回はTOEICのスコアを利用した島根大学への編入についてお伝えします。
 

国際感覚を養う大学

 
島根大学は、1949年に松江高等学校・島根師範学校・島根青年師範学校を母体として発足された国立大学です。学部は、法文学部・教育学部・人間科学部・医学部・総合理工学部・生物資源科学部を開設しており、そこから更に複数の学科に別れて各自専門分野の研究を日々行っています。
 
また、地域貢献人材育成教育、グローバル教育、数理・データサイエンス教育に力を入れる大学としても有名で、「自らの専門性と多様な人材との協働を軸にした高い課題解決能力」を身に付け、地域の未来をつくり・活躍する人材育成や高度な語学力を身に付けるためプログラムが構築されています。
 
そして、統計処理の手法だけでなく、数理・データサイエンスなどの大規模なデータセットから問題解決に必要な知見を引き出し、分析して課題を解決できる新たな価値を見出す力を身につけた人材を育成しているのです。
 

ボーダーラインとなるTOEICのスコア

 
島根大学は編入学試験を行っており、2023年度の入試では法文学部・医学部・総合理工学部・生物資源科学部の4学部で編入を受け付けています。
 
入学者の選考は,学力試験(筆記試験),面接及び出願書類を総合して行います。
学力試験には外国語があり、英語など大学が作成する独自の試験を受験することになります。また、医学部医学科を受験する方は、TOEIC L&Rのスコア提出が必要となり、その得点も600点以上のスコアを提出しなければ出願基準を満たすことが出来ませんので、しっかりと英語力を伸ばさなければなりません。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の4技能、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングを向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEICのスコアを利用した島根大学の編入について取り上げてみました。
島根大学では、現代社会で求められる、国際社会の発展と社会進歩のために奉仕する人材を養成することを使命としていることもあり、グローバル人材育成などにも力を入れる大学となります。英語などの語学力アップが必要不可欠な大学でもあるため、しっかりと英語総合力を伸ばして挑戦しましょう。
 
参照:島根大学 令和5(2023)年度募集要項(編入)
https://www.shimane-u.ac.jp/nyushi/information/application/2023/2023hennyu.html?node_id=21306

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約