英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアを利用した西南学院大学への編入について

2022/10/02

TOEFLのスコアを利用した西南学院大学への編入について

 
キリスト教の精神に基づく教育プログラムが設けられている西南学院大学は、グローバル社会の各分野で貢献できる人材を育成するカリキュラムで有名です。今回はそんな西南学院大学について、TOEFLを利用した編入、そのボーダーラインとなるスコアについて取り上げてみたいと思います。
 

海洋の研究、教育に特化した大学

 
西南学院大学は、1916年に創立された私立西南学院を前身とし、1949年に新制大学として開設された私立大学です。キリスト教の精神に基づいた大学となり、大学のチャペルにおいて毎週3回、テーマに基づいた講話を中心にキリスト教の礼拝形式が実施されています。また、国内に6大学でしか開設されていない、神学部を保有している大学としても有名です。
 
学部は、神学部・文学部・商学部・経済学部・法学部・人間科学部・国際文化学部・外国語学部の8学部12学科が設立されています。
 
近年のグローバル化が進む時代に応じた実践的な語学教育も展開されているだけでなく、学部の授業外でも、留学生や留学経験者と昼食をとりながら外国語で交流が持てるワールドカフェ、外国語教員や大学院生の指導による課外活動での外国語会話レッスンなど、語学力向上に取り組める環境が整っており注目を集めている大学です。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
西南学院大学は編入学試験を行っており、2023年度は、外国語学部の募集はありませんが、他学部での募集は行われています。
 
西南学院大学の編入試験に出願するためには、民間英語試験のスコア提出が必要とされています。※神学部を除く。
 
基準スコアは、TOEFL iBT であれば45点以上、TOEIC L&R であれば500点以上(IP は除く)、IELTSであれば 4.5以上のボーダーラインが設定されていますので、このスコアを満たしていなければ出願資格を得ることはできません。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の4技能、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングを向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した西南学院大学の編入について取り上げてみました。
編入試験を突破した後も西南学院大学では英語力を伸ばす学習環境や外国人との交流環境も整っているキャンパスですので、英語力アップに励みたいと考えている学生にはおすすめです。
 
参照:西南学院大学 3年次転・編入学試験要
https://www.seinan-gu.ac.jp/assets/users/6/files/internet_shutugan_youkou/2023_3tenhentounyushi.pdf

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約