英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

社会人の英語勉強時間の確保と求められている英語総合力

2023/04/01

グローバル化が進む現代では、企業の海外進出や海外企業との取引が増えていることもあり、社会人は英語能力が備わっていることが当たり前という考えも根付きつつあります。今回は、社会人の英語勉強時間の確保と求められている英語総合力についてお伝えします。
 

社会人の英語勉強時間の確保

 
海外進出する日本企業が増えている昨今、社会人の英語力の向上は必須といった印象が見受けられています。そして、今まで英語を必要としなかった企業でも、社員への英語教育や英語学習のサポートが増え、社会人にとって英語習得は義務とも感じられる状況へと変貌しています。
 
そのため、社会人は英語を勉強する時間を、なんとかして確保しなければならない状況となっています。しかし、日常業務を熟しながら英語学習に当てる時間となると、一日1時間も取れないという方もいる事でしょう。
 
この学習時間の確保が、社会人にとって一番の難題であり、英語習得に膨大な時間を要する理由なのです。ある一定の学習時間を設ける事さえできれば、社会人でも短期間で英語習得することは出来るはずなのです。
 

英語力・英会話力の向上は会社のサポートも重要

 
企業は収益を上げてもらいたいが為に、社員へ無理難題を科すことがあります。
残業が多い企業などは、社員数も最低限で人件費をあまり掛けられない状況でもあるでしょう。そういった場合には、一人ひとりの社員に掛かる負担は大きくなります。
 
そのため、海外進出を目論んでも、社員の語学力の低さにより、海外展開しても数年で撤退を余儀なくされ、結果を残すことなく負債を増やすだけの状況となることもあるのです。
従って、海外進出を成功に導こうとするのであれば、社員の教育は絶対的に必要不可欠となります。
 
仮に、社員に英語総合力が備わっていれば、海外企業や海外で雇い入れた外国人労働者との円滑なコミュニケーションが図れることで、ビジネスが失敗する割合も減ることになるでしょう。
 
ですので、社員に英語力向上して欲しいという希望を持つのであれば、社員に対して学習時間・成長を促すことのできる学習環境を提供することが大切なのです。やっつけで学び成長できるほど英語は容易い語学学習ではありませんので、企業も社員と一緒に成長していかなければならないのです。
 
LIBERTYでは、⼀般教育訓練給付制度コースを導入しておりますので、社員の英語教育に力を入れたいという企業・経営者さまや個人的に英語技能を伸ばしたいという社会人の方は、ぜひご相談くださいませ。
 

まとめ

 
グローバル化が進み、英語能力の備わっている社員を重宝する企業は増えています。しかし、それでも英語を操れる人材は、まだまだ少ない状況です。
 
今後、海外市場で成功するためには、社会人の英語力向上は必須となります。ですが、日常業務に追われる社員に英語習得を求めるのは難題でもありますし、何もサポートせずに学習に取り組ませても、何年経っても成長するか分からない状況を待つばかりです。それでは、企業としての利益が生まれるのは、いつになるか分かりません。
 
また、見切り発車すれば失敗する可能性が高まります。そこで、企業も社員の英語力向上のためのサポートをしなければ海外進出は夢のまた夢となりますので、人材育成にしっかりと力を入れていくことをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約