英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

キャビンアテンダントに求められる英会話力はどれぐらい?

2023/07/01

キャビンアテンダントに求められる英会話力はどれぐらい?

 
航空会社の乗務員の一員であり、搭乗客の快適な旅行と安全を確保するためのサービスを提供する専門職となるキャビンアテンダント。高い英会話力を求められる職業です。今回は、キャビンアテンダントに求められる英会話力はどれぐらい?についてお伝えします。
 

キャビンアテンダントの業務について

 
キャビンアテンダントの主な役割は、搭乗客に対して飲み物や食事の提供、快適な搭乗環境の提供、安全確認や緊急時の対応を担当します。搭乗案内やフライト中のアナウンスも行い、出発時や到着時の案内に天候情報やフライト状況の説明など、乗客に必要な情報を伝える業務があります。
 
また、キャビンアテンダントは、航空会社の顔として乗客を接客することになるので、企業の印象を左右する重要な役割も担っています。
 
そのため、コミュニケーション能力、サービスマナー、安全意識、緊急時の冷静な対応能力など多くの事が求められる職種となります。また、航空会社によっては特定の要件や基準が設けられており、キャビンアテンダントとしてのトレーニングプログラムも設けられています。
 

キャビンアテンダントに求められる英会話力

 
搭乗案内や安全の説明など、フライト中にさまざまなアナウンスや接客を英語で行います。
そのため、英語を使って正確かつ明確なアナウンスをする能力が求められます。
 
また、国際線では、乗務員間でのコミュニケーションも行うことにもなるため、英語を共通の言語として、クルーメンバーとの協力や連携を図るケースもあるので、高い英会話能力が必要です。
 
そして、国内線・国際線問わず、乗客に外国人が搭乗する割合は決して低くはないため、搭乗客とのコミュニケーションを図るための英会話能力は必要となるので、高い英語力は不可欠です。
 
キャビンアテンダントになりたいと考えている学生は、しっかりと相手に伝わる英語力・英会話力を養わなければなりません。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするためのカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドは、英語の構造や規則といった概念を理解し、英語の核を強化することにより、英語総合力を向上させることが出来ます。ご興味がある方は、ぜひ無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
キャビンアテンダントとして採用されるためには、高い英語力が不可欠となります。
しっかりと相手に正しく伝わる高い英語力を養わなければならない職種です。そして、人の命にも関わる仕事でもあり、正しい語学力が備わっていなければ、危険やトラブルにつながってしまう恐れもあるので、ちゃんと使える英語能力を身に付けましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約