英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

内勤営業・外勤営業に必要とされる英語力と英語学習方法

2023/07/01

内勤営業・外勤営業に必要とされる英語力と英語学習方法

 
インターネットの普及により、営業職の労働人口自体は減っているものの、どのような企業においてもニーズの高い職種であることには違いありません。また、グローバル化が進み海外営業の役割も重要とされています。今回は、内勤営業・外勤営業に必要とされる英語力と英語学習方法についてお伝えします。
 

内勤営業・外勤営業について

 
営業職は、商品やサービスを販売し、顧客との関係を築きながら営業活動を行う職種を指します。営業職の目的は、企業の売上や利益を増加させることであり、顧客との信頼関係を構築し、商品やサービスの価値を伝えることが重要となる職種です。
 
近年では、インターネット普及により、インバウンド型の販売スタイルへと変化していることもあり、営業職の割合は減りつつあります。しかし、インサイドセールスという内勤営業などによる営業手法も確立されているため、営業職が不要という訳ではありません
 
そして、グローバルな環境で営業を行うケースも増えていますので、顧客に対して、商品やサービスの特長や利点を明確に伝えるために、提案やプレゼンテーションを行い、顧客のニーズに合わせたソリューションを提供し、契約獲得につなげていかなければならないため、営業職の担う役割は非常に重要なのです。
 

営業に必要とされる英語力と英語学習方法

 
営業職は、顧客との対話や商談において、円滑なコミュニケーションを図るための基本的な英会話スキルが求められます。グローバルな環境で営業を行う場合、異なる文化やビジネス習慣を理解し、相手の文化に対する適切な配慮も必要です。英語を通じたコミュニケーションにおいても、異文化コミュニケーションスキルを持つことが重要となります。
 
また、商品やサービスのプレゼンテーションを英語で行わなければならないケースも多く、クライアントに対して、魅力的かつ効果的に情報を伝えるための英語でのプレゼンテーションスキルも磨く必要があります。
 
これらの状況に適応する英語力を向上させるには、英語の基礎力を向上させるための英語の構造や規則の概念を正しく学び、実践での英会話練習を行うことが重要です。
英語は、使って鍛える学習でもあるため、英語を話す機会を積極的に探し、ビジネス関連の英語の文献やニュースを読むことも力になります。ただし、基礎力が低ければ、英語を理解することも、英語を話す事も難しいので、まずは基礎力を身に付けることをおすすめします。
 

まとめ

 
企業の売上や利益を増加させる営業職では、国内だけでなく国外での活躍を期待されている職種となります。そして、英語での営業活動においては、業界特有の技術用語や略語を理解し、顧客のニーズに合わせた提案ができることも求められますので、しっかりと英語力・英会話能力を伸ばす必要性があります。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約