英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語を使える職業!高い英語理解力が求められる英文速記者

2023/08/01

英語を使える職業!高い英語理解力が求められる英文速記者

 
近年、日本でも英語を多用する職業が増えています。学生にとっても英語力を伸ばすことによって、将来の道も広がることでしょう。今回は、英語を使える職業!高い英語理解力が求められる英文速記者についてお伝えします。
 

英文速記者について

 
英文速記者は、高速で英語を聞き書きすることができるプロフェッショナルのことを指します。会議、セミナー、講演、裁判所の公判、取材など、様々な場面で話される英語の内容を迅速かつ正確に記録する役割を果たします。
 
英文速記は、通常キーボードを使わずに特殊な記号やシンボルを使って文字を表現する技術であり、これにより記録速度を飛躍的に向上させることができます。英文速記者は、これらの特殊な記号をマスターして、リアルタイムで話される内容をほぼ同時に書き起こすことができるようになります。
 
英文速記者は、情報の正確性と完全性を保証するために高い集中力と専門知識が必要とされます。記録も重要な会議やイベント、法廷での証拠として活用されることにもなります。また、マスメディアや企業などがインタビューの内容を記録する際にも利用されるため、非常に幅広い分野で活躍する場が用意されています。
 
英文速記は専門的なスキルであり、熟練した英文速記者は高速で正確な記録を提供することができます。そのため、法廷や重要なビジネスイベントなどでの要求が高い職業となります。
 

高い英語理解力が求められる英文速記者

 
英文速記者は、高速で話される英語を正確に聞き取る必要があり、専門用語や発音の難しい単語にも対応できるような、高い聴解力が求められます。そして、聞き取った内容を的確に記録するためには、文法や構文を正しく理解する必要がありますので、適切な文の組み立てや文章の意味を正確に把握できるスキルが必要です。
 
また、長時間にわたって高速な会話を記録するためには、集中力が欠かせません。
聞き漏らすことなく、正確に記録するための集中力を養うことも求められるため、英語という語学に慣れていなければなりません。
 
これらの要素を備えることで、英文速記者は高速で正確な英文記録を提供し、クライアントの要求に応えることができます。英文速記は熟練を要するスキルであり、専門的なトレーニングや経験が必要とされることもあります。
 

まとめ

 
海外との取引も増えたことで、海外企業・外国人顧客との裁判や、ビジネスイベントにメディア関連など、国際的な関係性も増えたことで、英文速記者という職業も近年注目を集めています。英語を活かした就職を目指している学生は、しっかりと英語力を伸ばし挑戦してみてはいかがでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約