英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

グローバル企業のユニリーバ―で求められる英語会話能力

2023/09/01

グローバル企業のユニリーバ―で求められる英語会話能力

 
大手外資系企業のユニリーバ―ジャパンは、国際的なビジネスが行えることでも、学生からの人気の高い企業の一つとされています。今回は、グローバル企業のユニリーバ―で求められる英語会話能力についてお伝えします。
 

ユニリーバ―について

 
ユニリーバは1929年にイギリスの肥料メーカー「マーギャリン・ウニオン(Margarine Unie)」とオランダの石鹸メーカー「ライオ・ウニオ(Naamlooze Vennootschap Margarinefabriek de Unie)」が合併して設立されました。その後、ユニリーバという名称が採用された外資系企業です。
 
ユニリーバは食品、飲料、家庭用品、個人用品など、幅広い製品を提供しています。
日本でも購入できる有名な商品としては、ベン&ジェリーズ、ダヴ、アックス、リプトン、マジックリン、ラクトフリーズなどがあります。
 
世界中で事業展開しており、多くの国々でその製品が利用されています。グローバルな規模と幅広い市場プレゼンスを持っており、地域ごとに異なるブランドや製品を展開しています。
 

ユニリーバ―で求められる英語会話能力

 
外資系のユニリーバ―(ユニリーバ―・ジャパン)へ就職を目指す学生にとっては、確実に英語力が求められることになります。
採用ページでは、採用基準に民間英語試験のスコア提出が求められており、スコア基準も設定されています。
 
基礎的な英語力のある方(TOEIC換算730点以上)
TOEIC, TOEIC IP, CASEC 730点
TOEFL iBT 79点
TOEFL CBT 213点
TOEFL PBT 550点
TOEFL ITP 550点
IELTS 5.5
 
この基準を突破できなければ、応募資格を得られませんので、しっかりと英語能力を伸ばさなければなりません。
 
もちろん、採用後も英語を多用する企業となりますので、英会話レベルも伸ばさなければ意味がないので、学生時代から民間英語試験のスコアアップだけでなく、コミュニケーションを図れる英会話力を伸ばしていかなければなりません。
 
また、ユニリーバのチームは国際的なメンバーから構成されることもあるとされているため、異なる国のメンバーと協力して仕事を進める場合には、英語で円滑に進めなければなりません。そのため、使えない英語ではなく、実用性のある英語能力を身に付けて就職活動にあたることが重要となります。
 

まとめ

 
ユニリーバは、その多角的なビジネスポートフォリオと持続可能な取り組みにより、世界的な企業としての地位を確立している大手外資企業となります。就活生からも人気の高い企業になりますが、外資系ということもあり英語力の基準も設定されていて、かなりレベルが高くもあるため、英語総合力を養わなければ、採用されるのにも苦労することでしょう。そのため、学生時代からしっかりと英語能力を伸ばす学習に取り組みましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約