英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

TOEFLのスコアを利用した愛知大学への編入に必要な英語力

2023/10/01

TOEFLのスコアを利用した愛知大学への編入に必要な英語力

 
愛知大学は総合大学として知られており、多くの学問領域をカバーしています。さまざまな学部・学科が存在し、学際的なアプローチを奨励しています。今回は、TOEFLのスコアを利用した愛知大学への編入に必要な英語力についてお伝えします。
 

豊かな学術環境と国際的な視野を養う大学

 
901年に中国(上海)に設立された東亜同文書院が前身となり、東亜同文書院は、日中友好提携の人材育成を目的として設立されています。しかし、東亜同文書院は1945年の敗戦に伴い、廃校になりました。そこで、学生・教職員を受け入れる大学として、1946年に愛知大学は設立された総合大学です。
 
学部は法学部・経済学部・経営学部・現代中国学部・国際コミュニケーション学部・文学部・地域政策学部の7つが存在しており、短期大学部もあります。そこから更に複数の学科に別れて各自専門分野の講義や研究を日々行っています。
 
また、グローバル人材育成にも力を入れており、英語などの語学力アップに努めるカリキュラムも豊富となっています。そして、海外留学経験を積むための制度も整っており、奨励金を受け留学に挑戦できるのも、留学を後押ししてくれる魅力となっています。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
愛知大学は編入学試験を行っており、2024年度の入試では法学部・経済学部・経営学部・現代中国学部・国際コミュニケーション学部・文学部・地域政策学部の3年次7学部で編入を受け付けています。
 
出願するためには、法学部、経済学部、経営学部、国際コミュニケーション学部、地域政策学部は、英検(実用英語技能検定)合格者または出願開始日より2年以内に TOEIC L&R または TOEFL iBTを受験した者でスコアを証明する書類を提出しなければなりません。
人文社会学科や歴史地理学科は、編入希望の学科によって、英検、TOEIC L&Rまたは TOEFL iBTの合格もしくはスコアを証明する書類の提出が求められます。
 
特に出願に必要とされるスコア基準は設定されていませんが、一般選抜では、TOEFL iBT 72点以上、TOEIC L&R 785点以上のスコアがあると、スコアを活用できるとされているため、このレベルまで引き上げると良いでしょう。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の4技能、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングを向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した愛知大学の編入について取り上げてみました。
現代では、英語能力を問われる編入試験も増えていますので、しっかりと英語力を伸ばしましょう。また、進学後も英語を多用する講義も少なくはありませんので、編入後も英語力を伸ばしていくことをおすすめします。
 
参照:愛知大学
https://www.aichi-u.ac.jp/
 
参照:2024 年度 募集要項 編入学試験
https://adm.aichi-u.ac.jp/assets/pdf/guide/guide2024_06.pdf

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約