英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

TOEFLのスコアを利用した日本女子大学への編入に必要な英語力

2023/11/01

TOEFLのスコアを利用した日本女子大学への編入に必要な英語力

 
明治時代に日本で初めての組織的な女子高等教育機関として設立された歴史のある日本女子大学。女性が社会で力を発揮できる思考力と実践力を養えるカリキュラムに定評があります。今回は、TOEFLのスコアを利用した日本女子大学への編入に必要な英語力についてお伝えします。
 

女性が社会で力を発揮する能力を学ぶ大学

 
日本女子大学は、1901年に創設者の成瀬仁蔵と創設委員長である大隈重信によって日本女子大学校が設立され、1948年には学制改革によって新制大学としての日本女子大学が発足されました。そして、現在では、時代の変化や多様な価値観に対応できるフレキシブルな感性を育成する大学として注目を集めています。
 
学部は家政学部・文学部・人間社会学部・理学部・国際文化学部の5つが存在しており、そこから更に複数の学科に別れて各自専門分野の研究や講義を日々行っています。
 
また、留学プログラムも整っており、「協定大学留学」と「認定大学留学」の2種類の留学制度が設けられています。外国で学ぶことや異文化でのコミュニケーションを体得することによって、グローバルな現代社会にあった人材成長を遂げることができるため、留学経験をする学生も少なくはありません。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
日本女子大学は編入学試験を行っており、2023年度の入試では文学部の2学科、理学部の1学科にて編入を受け付けています。
 
出願するためには外部英語試験のスコア提出が求められます。
そして、基準スコアも設定されており、IELTSは4.0以上、TOEFL iBTは42以上、TOEIC L&R/TOEIC S&Wは1150以上 などをクリアできなければ、出願することができませんので、しっかりと英語能力アップを図り挑戦していきましょう。
そして、進学後だけでなく、社会に羽ばたいた後には、英語を多用する職種や機会も年々増えていますので、実用性のある英語能力を養う事をおすすめします。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の4技能、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングを向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した日本女子大学の編入について取り上げてみました。
現代では、英語能力を問われる編入試験も増えていますので、しっかりと英語力を伸ばしましょう。また、進学後も英語を多用する講義も少なくはありませんので、編入後も英語力を伸ばしていくことをおすすめします。
 
参照:日本女子大学
https://www.jwu.ac.jp/unv/
 
参照:編入・学士入学試験
https://www.jwu.ac.jp/unv/admission/exam/ct6r0e000000cqnt-att/ct6r0e000000cr51.pdf

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約