英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

感情が込められる英語力と機械的な翻訳機の違いについて

2023/12/01

感情が込められる英語力と機械的な翻訳機の違いについて

 
ビジネスにおいて英会話が必要となるシーンは増えていることもあり、英語を話せるグローバル人材への注目が集まっていますが、一方で翻訳機の性能も向上しているため英語を話せなくても問題ないという方もいます。今回は、感情が込められる英語力と機械的な翻訳機の違いについてお伝えします。
 

直感的な感情を込められる英語の重要性

 
グローバル化が進み、日本の企業でも英語が必要とされるシーンは増え、日本語だけでの商談では通用しない状況は珍しくはありません。
 
そのため、英会話できる人材が重宝され、日本企業でも英語能力の長けている人材を雇用するなどの動きも近年目立つようになっています。
 
しかし、その状況を厭わないという企業も少なからずあります。
英語が不要という訳ではなく、翻訳機の性能が向上していることもあり、道具を利用して商談や交渉の席に着くケースもある様です。
 
実際には、翻訳機の性能であったり、現地の通訳を介して商談する場合、相手に思い通りの言葉を伝えられているかの判断も付かないため、交渉が難航することも十分に考えられます。
 
ですから、直感的な感情を込められる英語能力が重要であり、グローバル人材を求める傾向にあると言えるのです。
 

なぜ感情が大事なのか?

 
仕事はヒト対ヒトで成り立つことが多いものです。
もちろん、機械的な部分もありますが、相手の感情を読み取って、進めていくことが大事だとされています。交渉術や人心掌握術といった手法も、人の心に呼びかける物であり、感情などがのっていない言葉では、相手の希望を読み解いたり、自分の意見を正しく伝えられません。
 
それがビジネスにどう関係するのかと言えば、交友関係を築くためには、相手の言葉・相手の感情を汲み取ることは非常に重要ですし、会話のテンポなどでも印象が変わります。
そして、機械的な翻訳機の無機質な音声では、それらの情報が完全に失われるのです。
 
ですので、機械を通して翻訳するよりも、自由自在に自分の言葉で表現できる英語力を養うことが重要なのです。
これが、メールや書類などの文字だけでのやり取りであれば、翻訳機の出番はありますが、人を介するシーンでは、今後も実用的な英語力が不可欠と考えるべきでしょう。
 

まとめ

 
翻訳機の性能が向上しているのは事実ですが、ビジネスなどの感情を込めることが必要なシーンでの用途としてのレベルは、まだ低いと言えます。
従って、英語を勉強しなくて良いという状況ではありません。むしろ、英語能力の高いグローバル人材の成長が必要不可欠です。しっかりと英語力を向上させ、社会に貢献できる力を養っていきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約