英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

大学受験に失敗しない計画的な英語学習に重要な事とは?

2024/01/01

大学進学後に気になる単位互換制度を活用した英語力アップ

 
大学では、他学部などの授業が気になることもあるでしょう。そういった場合には、単位互換制度を活用することで、修得が求められる単位に含むことも可能です。今回は、大学進学後に気になる単位互換制度を活用した英語力アップについてお伝えします。
 

単位互換制度について

 
単位互換制度とは、異なる大学や海外の留学先などの教育機関で修得した単位を、一定の基準に基づいて相互に認める仕組みです。これにより、学生が他の大学や留学先で履修した科目やコースに対して、在籍する大学で単位を認定し、修得した単位を自身の学位要件に充てることが可能となります。
 
通常の大学では4年間で124単位以上を修得しなければなりません。
そのうち、単位互換制度を利用して認められる上限は通常60単位です。
 
さらに、各大学は単位互換制度において特有の取得上限を設けており、大学ごとに異なる制限が設定されています。学生はこれらの制約を考慮して単位の取得計画を立てる必要があるのです。
 
また、このような条件があるからこそ、英語レベルを向上したいなど、将来的に必要とされるスキルアップのための学習時間を費やすことも可能となるため、柔軟で効果的な学習を行うと良いでしょう。
 

単位互換制度を活用した英語力アップ

 
単位互換制度は、留学先の単位も加算されることになるため、海外で成長を目指したい学生であったり、外語学部の有名な大学であれば英語の講義などを受講して、能力アップに励むといった手段も取れることになります。
 
ですので、必ずしも英語力アップを大学で図るには、語学学部でなければならないという訳でもありません。自身の専攻する学習と共に、語学力を引き上げる授業選択を行うことで、将来性の幅も広げることが可能となりますので、授業選択なども真剣に考えて取り組むことをおすすめします。
 
また、将来のために学習時間を沢山作れるのは、おおよそ大学時代までとなりますので、真剣に取り組んだ方が、大きなメリットを得られる可能性が高いのです。
 

まとめ

 
単位互換制度は、大学間や留学先に教育機関間での単位の移行を円滑にするための規定や手続きが設けられています。学生は、互換性のある科目や単位を修得することで、別の大学や教育機関での学業を効率的に進めることも可能となり、さらなる飛躍を目指せ、将来性の幅を広げることができますので、受講するべき講義などを真剣に精査し選択しましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約