英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

TOEFLのスコアを利用した名城大学への編入に必要な英語力

2024/02/01

TOEFLのスコアを利用した名城大学への編入に必要な英語力

 
文理融合型の総合大学として有名な名城大学では、近年国際交流・留学制度も整っていることから、進学先として選ぶ学生も多く注目される私立大学です。今回は、TOEFLのスコアを利用した名城大学への編入に必要な英語力についてお伝えします。
 

中部圏最大の総合大学

 
名城大学は、1926年に創立された名古屋高等理工科講習所を前身とし、1949年に大学設置された私立大学となります。その特徴は、10学部9研究科を擁する中部圏最大の総合大学となり、多くの学生が通うだけでなく、留学生の受け入れも多い大学として知られています。
 
学部は法学部・経営学部・経済学部・外国語学部・人間学部・都市情報学部・情報工学部・理工学部・農学部・薬学部の10の学部が存在しており、そこから更に複数の学科に別れて各自専門分野の研究や講義を日々行っています。
 
また、名城学園には世界約15か国から留学している約100名の外国人留学生と日本人学生がキャンパスで交流できるよう多様なプログラムを提供しているなど、国際交流や留学も盛んに行われているため、グローバル人材としての成長を後押してくれる大学でもあります。
 

ボーダーラインとなるTOEFLのスコア

 
名城大学は編入学試験を行っており、2024年度の入試では法学部・経営学部・経済学部・人間学部・都市情報学部・情報工学部・理工学部・農学部で編入を受け付けています。
 
出願するためにはTOEFLや英検などの英語資格、または検定試験の成績の提出は不要とされていますが、大学独自の英語試験が実施されることになります。また、試験内容に関しては、英語の基礎知識を問う内容の出題などになるので、英語力はしっかりと伸ばしておいた方が良いと考えられます。また、編入後に海外留学などを検討している学生は英語総合力を養っておく必要性があります。
 
LIBERTYでは、グラマーテーブルと呼ばれる独自の教育メソッドを用いた英語教育を行なっています。体系化された英語本来のルールを学ぶことで英語に対する根幹的な理解力を養い、短期間で効率的に英語の4技能、リスニング、リーディング、ライティング、スピーキングを向上させることが可能です。
 

まとめ

 
以上、TOEFLのスコアを利用した名城大学の編入について取り上げてみました。
現代では、英語能力を問われる編入試験も増えていますので、しっかりと英語力を伸ばしましょう。また、進学後も英語を多用する講義も少なくはありませんので、編入後も英語力を伸ばしていくことをおすすめします。
 
参照:名城大学
https://www.meijo-u.ac.jp/
 
参照:編入学試験
https://www.meijo-u.ac.jp/admissions/doc/pdf/transfer_yoko.pdf?ver=202307

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約