英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

TOEFLやIELTSのスコアアップに大切なスピーキング力

2024/02/01

TOEFLやIELTSのスコアアップに大切なスピーキング力

 
日本人にとって英語のスピーキング力が足らずに、TOEFLやIELTSでハイスコアを獲得できずに苦労するというケースは珍しくはありません。今回は、TOEFLやIELTSのスコアアップに大切なスピーキング力についてお伝えします。
 

スピーキングが苦手な日本人

 
日本人が英語で何に苦労するかというと、スピーキングスキルが低く英語を上手に操れないというケースが非常に多いです。
 
これは、日本語と違った発音方法や文法などの違いが問題となっています。
また、英語を話す機会が少ないことから、修正する能力が低く、英語を上手に操れない傾向にあります。
 
では、実際にどのような学習をしていくことでスピーキングスキルが向上するのか考えなければいけませんし、スピーキング能力が向上しなければ、TOEFLやIELTSのスコアアップにはつながりません。
 

TOEFLやIELTSのスコアアップに大切なスピーキング力

 
話す機会を安易に増やしたとしても、まずスピーキング能力の向上は見込めません。
なぜなら、英語を構築する能力が低い状態では、覚えた単語を組み立てたり、相手の話している内容を正確に把握することができないので、まずは英語の構造や規則と言った基礎概念を正しく理解することが重要なのです。
 
また、フレーズなどを暗記してボキャブラリーを増やすといった手段でスピーキング能力が向上すると考えている方もいるかもしれませんが、会話に合ったフレーズばかり暗記できているとは限りません。その都度、文脈も違えば、問われている内容も異なるため、自身で英語を構築し操れなければスピーキングスキルは伸びないのです。
 
発音は発声といったスキルに関しては、声に出して練習しなければ上達はしないので、実践の場で話す機会を増やすことが重要ですし、相手に聞いてもらわなければ伝わる英語を話せているのかといった判断基準ができないため、フィードバックを受ける様にしなければなりません。
 
このように、スピーキングスキルを伸ばす場合には、順追って学習していくことが大切になります。まずは、自身で英語を正しく構築ができる様にしてから、英語を話す機会を増やしていき、スピーキングスキルを向上させていきましょう。
 

まとめ

 
日本人にとっては、英語を流暢に話せるようにしたいという願望があっても、なかなか上達せず、苦労するという方は多いかと思います。そういった場合に、英語の基礎構造への理解が乏しいケースが非常に多く見られますので、まずは英語を正しく構築するための構造や規則について理解することをおすすめします。
そして、話す機会を増やしていき、発音やイントネーションなどの発声を整えていくことで、スピーキングスキルは向上していきますので、継続して積極的に英語を話す機会を増やしていきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約