英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語の話すと聞く能力を向上させるには継続力が必要不可欠

2024/02/01

英語の話すと聞く能力を向上させるには継続力が必要不可欠

 
英語で一番苦労するのが会話という方は多いことでしょう。話すと聞くを同時進行で行うため、頭をフル回転させなければならないため、疲れると言う方も多いと思います。今回は、英語の話すと聞く能力を向上させるには継続力が必要不可欠についてお伝えします。
 

会話が自然とできる様になるまでの道筋

 
日本人が日本語を話す際に、なんら苦労せずに言葉が口から溢れだす感覚は持っているけれど、英語を話すとなると頭で考え文章構築しなければならないという印象を抱く方は多いのではないでしょうか。
 
これが短いワードであっても、相手の言葉を聞き取り、自身で返答するにしても、頭をフル回転させなければならないというケースは珍しくはないでしょう。
 
では、なぜこんなにも英語が難しく感じられるのかというと、使う頻度が少ないことが影響しています。使う頻度が少なければ、失敗や成功の体験談が少なく、体に馴染まないため、成長スピードが非常に遅くなるのです。
 
また、正しい基礎が備わっていなければ、頭で考える時間も多くなり、自分の回答に自信を持てずにいる事がストレスにもなりますし、疲れに繋がり会話したくないという印象にも繋がっていき、英語を苦手と感じてしまうのです。
 
だからこそ、英語の基礎力を鍛え、自身で英語を組み立てたり、理解する力を養っていかない限り、英語スキルは上達しません。
 

話すや聞くは継続力が不可欠な理由

 
人とコミュニケーションを図る際に、話すと聞くという動作が同時に行われることになりますが、この能力を高めるには、言葉を聞く・言葉を話すというトレーニングを積まない限り上達はしません。
 
生まれてから日本語を話し続けて、語彙力を増やして成長させ現在の日本語スキルがある様に、英語などの語学全てにおいて、使う事への意識を持って取り組まなければ、上達しません。
 
聞いているだけ・読んでいるだけでは、語学は上達しないのです。また、言語の構造がどのようになっているのか理解が出来ない以上、正しく聞き取ることも、読み解く事もできません。単語量や語彙力といったボキャブラリーの豊富さも大切ですが、簡単な文章を構築出来ないのにも拘らず、単語を沢山覚えたところで使えない状況に陥るだけですので、まずは英語の基礎構造を正しく理解することから始めましょう。
 
そして、自身で英語の意味を理解できる様になってからは、実践的な会話のトレーニングなどを積む機会を積極的に増やし、失敗してもフィードバックを受けながら成長させていくことが、英語力を向上させる手段となります。
 
時間も掛かりますが、英語の基礎面を疎かにして学習しても、余計に時間が掛かるだけです。まずは、基礎力を磨き、英語を継続的に使う学習に取り組むことをおすすめします。
 

まとめ

 
グローバルな現代社会において、英語は非常に重要なスキルとされています。しかし、聞き取りや話すといった行動が上手に出来ずに苦労している方は未だに多い状況です。
言葉を使いこなせる様にするためには、言語の構造や規則と言ったルール・概念を正しく理解しなければなりません。最初から、間違わずに話せたり聞き取れる方はいません。
概念を理解し、単語や語彙力を増やし、正しい発音・文章構築を経て、会話が成り立つようになっていきます。その状態へ昇華するためには、段階を経て学習を進めていくことが大切となることを理解して、英語学習と向き合っていきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約