英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語を話せる様にするために取り組むべき5つの学習ステップ

2024/02/01

英語を話せる様にするために取り組むべき5つの学習ステップ

 
グローバルな現代社会において、英語スキルの向上を目指す学生や社会人は増えており、効率よく英語力を伸ばそうとする方も多いことでしょう。今回は、英語を話せる様にするために取り組むべき5つの学習ステップについてお伝えします。
 

英語を話せる様にすることの重要性

 
近年、英語が必要とされるシーンもビジネスでは増え、英語力が低いと任せられる仕事の幅が狭まるなどのデメリットにも繋がるため、英語スキル向上を目指す学生や社会人は増えています。
 
また、この英語力も会話などの英語総合力が必要となる高いレベルの英語力とされていて、コミュニケーションを図れる英語力でなければならない傾向にあります。
 
日本人の英語力として、ライティングやリーディングなどの瞬時に対応が行えなくても良い英語力はそれなりに高い質があるのですが、リスニングやスピーキングといったリアルタイムで情報処理を必要となる英語力が低いことが問題となります。
 
そのため、スピーキングやリスニングと言ったコミュニケーションを図るうえで重要な能力を伸ばさなければならないのです。
 

取り組むべき5つの学習ステップ

 
英語を話せるようにする際に取り組むべき5つの学習ステップがあります。
 
1.基礎を築く
英語にも基礎があり、文法や語彙を暗記するという方は多いと思いますが、その覚えた情報を正しく構築するための、構造や規則と言った概念の理解度が低いことが問題となっています。まずは、英語の基礎面を強化することが重要です。
 
2.リスニングスキルの向上
英語はリスニング能力が低いと、何を聞かれているのか?判断することが出来ません。
英語を聞く耳を作るには、基礎構造への理解だけでなく、映画やポッドキャストなどを利用してリスニングスキルを向上させましょう。特に、リアルな発音やスピーキングのリズムに慣れることが重要です。
 
3.スピーキングの実践
スピーキングスキルを向上させるには、実践経験を積むのが一番大切で、自身の発音が相手に伝わるのかなど積極的にスピーキング機会を作ることが大切なのです。オンラインプラットフォームや言語交換アプリに英語カフェなどを利用して、実際に使う機会を増やして、スピーキングスキルを向上させましょう。
 
4.継続的な学習
英語を話す際に、フレーズを沢山覚えた所でシーンに合ったフレーズがなければ、会話を広げることは出来ません。そのため、日常的な単語などのバリエーションを増やしていく学習も日々取り組まなければなりません。そのため、コツコツと積み重ねていくことも英語力アップには大切なのです。
 
5.フィードバックを得る
スピーキングなどは、他人に聞いてもらい、フィードバックを受けることで自分の弱点や改善点がわかります。言語交換や教師による指導を通じて、継続的な改善を図りましょう。
 
これらのステップを順番に進め、毎日少しずつでも継続的に学習を行うことが重要です。自分の進捗を確認し、興味を持ちながら学ぶことで、より効果的に英語スキルを向上させることができます。
 

まとめ

 
英語は現代社会において非常に重要なスキルでありますが、会話スキルとしての英語力が足らない方が少ないことが問題となっています。そのため、高い英語力を身に付けるには、順追って学習していかなければいけませんし、継続して成長させる必要性があります。
今回、紹介した5つのステップを意識して英語学習に励んでみましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約