英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

社会人に求められるビジネススキルと役に立つ英語スキル

2024/02/01

社会人に求められるビジネススキルと役に立つ英語スキル

 
潜在的な能力が高かったり、努力して習得したスキルを仕事上で活用し成果を出せる人材というのは市場価値が高いと言われ、就職や転職を有利に働かせることができます。今回は、社会人に求められるビジネススキルと役に立つ英語スキルについてお伝えします。
 

評価される社会人のビジネススキル

 
就職や転職において資格取得といった知識の有無だけではなく、実務経験で得たスキルは評価されることになるため理解しておくことも大切です。
 
・ヒューマンスキル(対人関係スキル)
共に働く人々、クライアントなど、仕事をしていくうえで他人と関わる瞬間というのは必ず訪れます。良好な人間関係を築けなければ円滑にコミュニケーションを図ることができずに、効率よく仕事をこなすことはできません。交渉やプレゼンテーション、ヒアリングといった様々な対人シーンで必要となる聞く力と伝える力が大切となるヒューマンスキルは、ビジネスには大事な要素となり、特に管理職には必須とされるスキルになります。
 
・テクニカルスキル(専門・技術スキル、業務遂行能力)
パソコン操作、プログラミング、顧客対応といった、その職種や業界ならではのスキルを示すテクニカルスキル。高度な知識と技術を保有する人材は代替えがきかない仕事を任されるケースもあり、市場価値の高い人材と言えます。
 
・コンセプチュアルスキル(概念化スキル)
複雑な状況を整理しつつ概念化し、問題を解決し業務効率の改善、クライアントの要望を正確に捉えるといった目的を持ち、問題解決力、論理的思考などの要素が求められ、重職では必須スキルとなります。
 
以上が社会人に求められている基本的なスキルです。そして、単体ではなく、複数のスキルを組み合わせ業務を遂行できる人材が、真にニーズの高い人材となります。
 

業務遂行に必要となる英語力

 
語学力はテクニカルスキルの中でも、汎用性の高いスキルに位置され、ビジネスパーソンであれば身に付けておきたいスキルの一つです。
特に、世界共通語となる英語は、外国人観光客や外国人労働者と意思疎通を図る際に用いられる言語でもあり、外資系やグローバル企業への就職を視野に入れるようになるため、就職先の選択肢を広げてくれるスキルでもあります。
 
もちろん、業務が遂行できる英語力でなければ意味がありません。企業によって業務に必要な英語レベルは異なってきますが、収入アップやキャリアップを考えているのであれば、実用的な使える英語力習得を目標として英語学習に励むことが重要です。
 

まとめ

 
社会人に必要な能力は経験を経て身についたり、講座を受けるなどして深く知ることが出来ます。もちろん、いずれの能力も単体では武器にはなりませんので、複数のスキルをセットで使いこなせることが大切。そして、英語力は汎用性の高いスキルとなりますので、ビジネスパーソンとしてレベルアップしたいと考えている人は習得を志してみてはいかがでしょうか。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約