英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

社会人の市場価値を高める動き。英語スキルは転職に有利?

2024/02/01

社会人の市場価値を高める動き。英語スキルは転職に有利?

 
人間性や経験が評価され、資格・スキルを持つ人材を企業が求めるケースは多く、転職活動では社会の流れから企業のニーズを調べ自分の市場価値を高めていくことが重要です。今回は、社会人の市場価値を高める動き。英語スキルは転職に有利?についてお伝えします。
 

転職においての市場価値

 
市場価値は人材に対して、需要と供給によって決まります。
特定の経験、資格・スキルを保有する人材を求める企業が増えれば需要が高くなりますが、企業が求める経験やスキルを保有する求職者が少なければ、供給が足りていない状況となり、市場価値が高まることになります。
 
ビジネスで求められるスキルは社会情勢によっても変わってくるため、経験が豊富であったり、資格スキルを持ち合わせていても、企業が求めていない状況であれば市場価値が低いと言え、自分の市場価値は変化するものでもあるのです。
 
そして、転職においても市場価値を意識することは大切です。
自身の市場価値を把握することでキャリアビジョンも鮮明に捉えることができるようになるため、最適な転職先をピックアップできるようになります。また、企業が求めている人材を照らし合わせ、足りないものを知り成長させることで、転職活動の成功率を高められるでしょう。
 
常に自身が就いていたポジション枠が募集されるわけではないため、チャンスが訪れた時に採用につながるように市場価値を高めるような動きをすることが重要となります。
 

市場価値を高める英語力

 
市場価値が高まっている業界しては介護福祉、保育士、ITなどが挙げられますが、グローバル時代の昨今では英語力も市場価値を高めてくれるスキルと言えます。
 
履歴書に記載できるTOEICやTOEFLといった試験の結果は、書類審査でアピールできる手段となりますが、面接で英語力が測られる場合には英語の実力が問われることになるため、試験英語ばかりではなく、コミュニケーションを図れ業務を円滑に遂行できる英語力を磨く必要があります。
 
英語力における市場価値というのは企業によって異なり、あれば良いという企業もいれば、なければ仕事にならないと企業もあります。ただし、高い英語力を身に付けていることでグローバル企業や海外就職といったキャリアの選択肢を広く持つことができるスキルになります。
 

まとめ

 
英語力は市場価値を高めるスキルとして挙げられるため、キャリアアップを考えているのであれば英語習得に取り組みましょう。語学習得は時間が掛かりますので、転職を考えていない状態でも先を見越して動き出すことが大切です。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約