英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

転職・就職で活かせない?ワーキングホリデーの海外経験

2024/02/01

転職・就職で活かせない?ワーキングホリデーの海外経験

 
海外経験を求職活動でアピールして採用に結び付けたいと考える社会人も多いでしょう。海外での就学や就労経験を積むことのできるワーキングホリデー(ワーホリ)は就職で活かせないという話もあります。今回は、転職・就職で活かせない?ワーキングホリデーの海外経験についてお伝えします。
 

ワーキングホリデーは求職活動で武器にならない?

 
長期間海外へ渡航し、外国の方々と接することで、語学力の成長を促せたり、異文化理解力といった現代の社会人に求められているスキルの磨き上げにもつながります。
 
しかし、目的もなく海外で過ごすだけでは、ただの観光となってしまうケースもあります。これはワーキングホリデーに限ったことではありません。
就職や転職活動で「海外に行った」というだけでは、当然ながら企業にとって魅力的な人材として映らないため、帰国後の就職や転職を意識して海外へ渡ることが重要です。
 

ワーキングホリデーに価値を持たせるために

 
ワーキングホリデーを無駄にすることなく、就職活動や転職活動を有利にする経験とするためには、まず目的を明確にしておくことが大切です。
 
海外経験を積む方法には、語学留学、ビジネス留学など様々ありますが、なぜワーキングホリデーを選んだのか、しっかりと答えられることが重要となります。
そして、その目的や目標に対し、どれほど達成をできたのか。どんな経験を積み成長に結びついたのかアピールできるようにしておきましょう。
 
また、人脈を広げることは、将来のキャリアにつながる可能性があるため、家に引きこもらずに現地の人や留学生などと積極的にコミュニケーションを取ることも忘れてはいけません。
 
そして、充実した海外経験を積むためには語学力(英語力)がポイントになります。
ワーキングホリデーでは語学力が問われない応募もありますが、英語力が備わっていることで多くの人と深いコミュニケーションを行えるようになったり、言葉の壁にストレスを感じることなく学びを受けられるようにもなります。
ワーキングホリデーで英語力を身に付けたいと考える人もいますが、国内にいてもコミュニケーション可能なレベルまで英語を成長させることができますので、海外でしか得られない経験を充実させたいのであれば、渡航前に英語力を強化しておきましょう。
 

まとめ

 
ワーキングホリデーに限らず、海外経験を就職や転職活動でアピールしたいのであれば、目的や目標を明確にしてから挑むことが大切です。
そして、多くのものを持ち帰られるように、海外挑戦前にコミュニケーションに欠かすことのできない語学力の向上を目指して学習に励みましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約