英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

腕試しも大切!TOEFLや実践環境で見極める自身の英語力

2024/02/01

腕試しも大切!TOEFLや実践環境で見極める自身の英語力

 
大学入試や就活で英語スキルが試されるシーンが増えていることから、その能力アップが非常に重要となっています。しかし、その能力を養うためには、自身の能力値を明確にする必要性があります。今回は、腕試しも大切!TOEFLや実践環境で見極める自身の英語力についてお伝えします。
 

腕試しによって明確にする自分の現在地

 
英語は、現代社会において非常に重要なスキルであると考えられています。受験や就活など、さまざまなシーンで英語力の有無によって任せられる仕事や合格ボーダーを超えられるかの素養としても重要視されがちです。
 
学生にとっても、この能力が高ければ高いほど、チャンスが巡ってくる割合も高まるため、しっかりと向上させたいと考えることでしょう。
 
しかし、英語習得に至る割合は未だに低く、成長が難しいと考えられています。
まず、英語の成長を促す学習の中に自身の英語力がどの程度備わっているのか把握出来ていない方が多いのも問題点なのです。何ができて何が出来ていないのかを明確にしなければ、足りないものを補うことはできません。
 
ですので、TOEFLなどの民間英語試験を受験して自身の現在地を把握してみましょう。
また、その腕試しこそ、自身の英語力を明確に測る上でも、大切な取り組みなのです。
 

腕試しは半年や一年に一度行いましょう!

 
自身が英語学習に取り組んでいくと、その能力の向上を明確にする手段としては、TOEFLなどの民間英語試験で英語総合力を図ることも一つの手段です。
 
また、実践でどの程度通用するのか把握することも重要なのです。これは、民間英語試験を受験した場合には、対策などで英語力が通用すると勘違いする学生や社会人も出てきます。例えば、マークシート方式の試験は、まぐれで正解してしまった問題に対する整合性を学習しなければ、同様のシーンに出くわした場合に、正しい英語を使えない可能性が高まります。
 
そういったケースが増えれば、得点以上に英語力が備わっていないことは明確です。
使えない英語力では意味がありません。だからこそ、民間英語試験だけでなく実戦で通用する英語力を養っていくことも大切ですので、腕試しをするのであれば、民間英語試験だけでなく、一般的なコミュニケーションを図れる英語力を身に付けているのか確認もしていく必要性があるのです。
 
そして、培う英語力こそが現代社会で必要とされる能力であることを把握し、学習していきましょう。
 

まとめ

 
英語スキルは近年、さまざまな場面で必要とされる事が増えている能力ですが、なかなか成長させられず苦労する傾向にあります。しかし、その学習に対して、自身の能力で何が足りていないのか明確に出来ていないまま、学習に向き合っている方も多いので、まずは自身に何が足りていないのか明確にすることが重要です。
 
そのため、TOEFLなどの民間英語試験であったり、実践で英語を使う機会を増やし、自身の英語力に何が足りていないのか把握し、学習に取り組むことが重要となってきます。半年や一年ごとでも良いので、自身の英語レベルを都度把握する取り組みを行うことをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約