英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアアップ!英語を操れる人材の需要拡大

2019/08/26

TOEFLのスコアアップ!英語を操れる人材の需要拡大

グローバル化する社会において、海外の人と仕事をする機会も増え英語を操れる人材の需要は拡大しています。国内だけでなく、海外への留学や仕事に就きたい学生や社会人はTOEFLなどのスコアアップは必須条件でもあります。どのような人材の需要が高まっているか把握しましょう。

 

英語を操れる人材の需要

新興国市場の拡大や訪日外国人の増加や、海外シェアと取引するグローバル企業の増加などを背景に国際的に活躍できる人材の需要は高まっています。

グローバルな人材とは英語スキルだけではありませんが、代表的な世界共通語を操ることが出来る人材に注目が集まっているのは事実です。

 

現在、英語スキルアップを考える社会人の方が、オンラインレッスンや隙間時間を利用して必死に語学習得を目指しグローバル化に適応しようと努力しています。なかには、長期休みではなく、休職・辞職のリスクを伴いながらもワーキングホリデーや留学を敢行するといったケースもあります。

 

しかしながら、英語をマスターするのには、リスクが伴う状況であれば、挫折する方は二の足を踏むのも当然です。リスクを回避しながらも英語をマスターするには、正しい英語を学ぶ必要性があるのです。

 

語学を理解する方法

TOEICでハイスコアを獲得した方でも、外国人と流暢に会話が出来るかと言ったら、出来ないという方が大半です。

ハイスコア獲得のために勉強をする日本人はいても、実用的で外国人とコミュニケーションを行える英語力を学ぶ日本人はとても少ないのです。

 

日本では、実用的な4技能(Listening/Reading/Speaking/Writing)を鍛える勉強法を行わず、試験で良い点数が獲得できれば良いといった判断でしか英語の授業をしていません。

2020年の英語教育の改革により、2技能から4技能への強化へと移り変わりますが、教員のレベルなど考えると日本人の英語力上達までには、まだ時間がかかるでしょう。

 

学生や社会人がこれから英語をマスターするには、時間を多く掛けていては意味がありません。日本語英語を一度リセットし、Libertyで学ぶことが出来る本物の英語を積み上げていくことをオススメします。

TOEFLやIELTSのスコアアップのために英語を勉強するのであれば、二度と英語をやり直す必要のない、完璧な英語力の習得を目指しましょう。

 

まとめ

グローバル化する社会で使える人材は、必ずしもTOEFL やIELTSでハイスコアを獲得できた人材ではありません。外国人とコミュニケーションを行える英語力のスキルを伴う人材が必要とされています。試験英語や日本語英語でレベルアップを目指しても、今までの人材と何も変わりがありません。正しい英語力を身に付け活躍の場を増やしましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約