英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLで獲得したスコアを海外の学校が要求する本当の理由

2019/08/26

TOEFLなどの試験に生かしグローバル社会に適応する英語

学生にとっての英語とは、授業や受験対策の科目でしか捉えていないかもしれませんが、グローバル社会における英語というのは、とても重要な役割のスキルとなっています。英語が話せない日本人よりも英語を話せる日本人が企業に求められているのも事実です。

 

英語を必要とする環境が増えている

訪日外国人も増え、観光業を営む経営者や飲食業の現場でさえ外国人と対話するシーンは増加しています。英語を真面目に取り組んでいれば良かったと感じる大人は数知れません。

 

そして現在の企業の中には、グローバル化が押進み、海外パートナーとのミーティングややり取りは英語で行うこともしばしばあります。そう言った企業にとって英語が話せる人材は喉から手が出るほど欲しいのです。

 

そしてTOEFLやTOEICでハイスコアを獲得している学生の就職希望者が来れば、即戦力ではありませんがアドバンテージを確保できている状況にはなります。また、実用的な英語力があり、コミュニケーションができ4技能を扱える人材であれば国内問わず日本進出を目指す海外企業も欲しい人材となります。

 

日本国内では必要ない英語

日本国内にいれば英語を使うシーンはほぼありません。しかし今後は、ビジネスの世界において英語が使えて当然といった状況に変化することになると予想されています。

 

海外の顧客対応などもあり、英語を流暢に話せるレベルでないと、使い物にならない状態に変わってきているのが実情です。

企業によっては将来的なキャリアアップを積むためには、海外出張に行かなくてはならないことも多くなるでしょう。仕事で活躍したいと考えているなら、本格的な英語を身に付けることをオススメします。

 

英語への苦手意識をもつ学生は、Liberty独自の「グラマーテーブル」を軸にした、日本人英語から教養ある英米人が身につける本格的な英語を学びましょう。

TOEFLなどの民間検定試験でも飛躍的なスコアアップにも繋がり、実用性のある英語を習得することができます。

 

まとめ

英語をマスターする最大のメリットは、将来の活躍の場を増やすことや世界中を視野に入れた世界観を持てることです。本当に自分の将来を考えるのであれば、英語の必要性を今一度考え直してみましょう。自分の可能性を広げるために、Libertyのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約