英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアアップは不要?英語を学ぶ必要性を失った

2019/08/26

TOEFLのスコアアップは不要?英語を学ぶ必要性を失った

学生時代はTOEFLやIELTSといった民間検定試験のスコアアップに必死だったけれど、社会に出て英語を学ぶ必要性を失ってしまう方は多くいます。しかし、これからのグローバル社会においてやり直しが必要となる英語を学ぶことはナンセンス。一度で使える英語力向上を目指すべき理由についてお伝えします。

 

学生と社会人の時間

学生の本分は、授業で学び知識を増やし教養を養うこと。

社会人の本分はビジネスであり、企業のために利益を上げ働くことに終始します。

社会人になると、学生時代に学んだ教科の中で教養も必要となる場合もありますが、まったく役に立たない場合や、日常生活において必要性のないものが出てきます。

 

しかし、ビジネスの環境と言うのは日に日に変化が起こるものであり、急遽英語が必要となるケースがあります。数年前までTOEFLやIELTS、TOEICといった民間検定試験でハイスコアを獲得していた経歴がありながらも、いざ実戦で使おうとすれば忘れてしまっていたり、外国人の方とコミュニケーションを行うとネイティブが操る英語が分からないや伝わらず四苦八苦するということは良くあります。

 

自身の英語力に危機感を覚え、やり直しを考えるけれど、社会人になれば自分の任されている仕事の合間に英語を学び直す時間を費やす努力が出来るかと言われれば、かなり厳しいことにもなります。家庭を持っていたり、残業が多ければ尚更です。

 

やり直しが不要な英語

英語スキルが必須な業界でも、実際の業務で英語が不要と分かり長期間語学を使わない環境で過ごしていては勿体ないと感じませんか。

もちろん、その期間何もしなければ英語が勝手に上達することもありません。

しっかりと積み重ねがあるからこそ上達していくのが語学であり勉学の基本です。

また、二度とやり直しの必要のない語学教育を受けることをオススメします。

 

英語の基本を理解していれば、英語スキルを利用する機会が減った場合にも、ビジネスシーンや海外出張だけでなく旅行などに赴く際に、改めて復習する必要性がありません。

 

Libertyの「究極の基礎」ともいうべき「グラマーテーブル」を軸としたメソッドは、日本人英語から教養ある英米人が身につけている本格的な英語へと転換することにより、高い英語力を身につけることができます。

 

まとめ

社会人になると、英語を学ぶ必要性を失う環境になることもあります。しかし、現在のグローバル社会では、企業の構想が変わり英語力を問われることが必要となることもあるでしょう。学生の頃から実戦で通用する英語力を身に付けることをオススメします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約