英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

学生が育むべき力は英語検定試験でも表現できる事が望ましい

2019/08/27

学生が育むべき力は英語検定試験でも表現できる事が望ましい

 

グループワーク、ディスカッション、プレゼンテーションなどで発言できる力は、今後の人材に求められ、学生が育むべき能力です。これも、TOEFLやIELTSといった英語検定試験でも試される力の一つですので、しっかりと表現できる事が望ましい理由についてご説明します。

 

日本の教育の変化

文部科学省が従来の受動的な授業・学習から、積極的で能動的な授業・学習のアクティブ・ラーニングへの移行を推進しています。

教師が一方的に生徒へ学ばせるスタイルから、グループワークやディスカッションにプレゼンテーションなど、生徒の自主性を尊重し積極的に授業へ参加を促す授業や学習法への改革が進められています。

 

これにより、学生はただ授業を聞くだけでなく、積極的に発言するや、他者の発言を聞きさらに自分の意見を伝えることが求められ、より海外大学で行われる授業スタイルに近づくことになります。

 

また現代社会において、主体的に判断する力を身につけるには、多くの情報にアクセスをするだけでなく、経験を積み多様な社会で自分をアピールする力を養うことが必要不可欠となります。そして、多様な社会で他者と協調しながら生活することや、難題をクリアする姿勢が強く求められるのです。

 

アピール力は海外で重要なポイント

グローバル社会の中で、ビジネスパートナーとコミュニケーションをする際に英語力は絶対的に必要なスキルです。これも、経験がものを言う分類です。ディスカッションの経験が少なければ、相手の熱に対して理解し提案することも難しくなります。しかも、日本語ではなく英語で行わなければなりません。本格的な英語力の向上が求められています。

 

TOEFLやIELTSといった民間検定試験では、海外留学などの生活で必要とされる英語力を試される試験ですが、ビジネススキルとしての英語力としては、まだ足りません。

実益を生むことが出来る英語力が今の人材には求められています。英語を操るということは、どんな場面でも問題なくコミュニケーションを行えるスキルです。日常生活からビジネスシーンまで使いこなせなければ意味がありません。

 

日本語で育むべき力は、英語であっても同じことが言えるでしょう。

このような能力を短期間で習得するには、正しい英語を学ぶ環境が大切になります。

Libertyでは、英語に苦手意識を持つ学生や社会人へ、独自の「グラマーテーブル」を軸としたメソッドで、英語ネイティブが感覚的に捉えている英語の構造・基盤を体系的に身につけることが可能となります。

 

まとめ

現代における学生に求められる力は、大きく変わってきています。

適応するのには当然時間がかかりますが、語学というのは構造を理解することで非常に短期間で能力を高めることが可能となります。能力が向上すれば、自然と英語検定試験でも表現できる力を身に付けハイスコアを獲得することができるでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約