英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

日本で教えられる英語の考え方を180度変えるような教育へ

2019/08/27

日本で教えられる英語の考え方を180度変えるような教育へ

 

日本で教えられる英語は、日本語という構造体の上に無理やり英語を組み立てようとするために無理が生じています。間違いだらけの日本人英語から脱却せずに、英語を完璧に身につけるのは、ほぼ不可能です。英語の考え方を180度変えるような教育へ変更することが大切なのです。

 

日本人英語は機能しない

語学とは、人と人とのコミュニケーションを円滑に行うためのツールです。

日本人であれば、日本語。アメリカ人であれば、英語。韓国人であれば、韓国語。

それぞれ国によって母国語を持っています。しかし、母国語が違えば違う人種とはコミュニケーションを図ることは容易ではありません。

 

そこで、英語というツールが現在の世界共通語として必要とされている言語とされ、日本でも教育カリキュラムに組み込まれています。しかし、日本での英語教育は、大学進学や国内就職で有利に働く基準値だけの英語として位置づけられているため、外国人に通用する英語力を身に付けられるスキルまでは高められていません。

 

これでは、グローバル化する世界に取り残されてしまいます。学生が選べる世界が国内基準で収まってしまうのも危険です。なぜ、このようなグローバル社会において日本人の英語力が低いのかと言えば「英語を勉強すること=文法を覚える」、つまり文法の詰め込みが英語の学習方法として正しいものとされてきました。これがいかに危険な学習か理解できていない学生が多いのも問題なのです。

 

日本で教えられる英語の考え方を変えましょう

日本における英語教育は、日本語という構造体の上に無理やり英語を組み立てようとするために無理が生じてしまっています。異なる言語を学ぶ際に最も重要な文法の基盤となる英語の構造・規則が教えられていません。

 

これでは、中学・高校の6年間かけて英語を学習しているのにもかかわらず、英語を理解することができず、難解な語学と捉える学生や社会人が増えて当然です。

 

しかし、Libertyでは、本来は誰しも必ず英語をマスターできると考えています。

ただ単に英語を使えるというレベルの英語ではなく、英語を母国語とするエリート層と同等レベルの英語を身に付けるために「グラマーテーブル」を軸としたメソッドを習得していただくことになります。

 

メソッドを理解していただくことで、日本の学校で学ぶ日本人英語から180度意識を変え、完成されたパズルを見ながらピースを組み立てていくように英語の本質を理解できるようになります。

 

まとめ

日本では、TOEICやTOEFLなどの民間試験でのスコアアップを目指す総合塾などが多く存在していますが、ネイティブが操る本格的な英語を身に付けなければ、留学後やビジネスシーンで活躍することは難しいのです。日本語英語とは決別し、目標を達成することが可能となる英語力を身に付けることをオススメします。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約