英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

TOEFLでハイスコアを目指せ!海外ではオールイングリッシュ

2019/10/08

TOEFLでハイスコアを目指せ!海外ではオールイングリッシュ

 

英語教育の一環としてオールイングリッシュを小学・中学校から導入するなど、英語を身近に感じ習得させたいという教育方針の取り組みも近年増えてきています。海外の大学やビジネス界であればオールイングリッシュがデフォルトですので、TOEFLやIELTSでハイスコアを目指し「使える英語」を身に付けましょう。

 

オールイングリッシュとは

 

学校の英語授業の取り組みとして、授業中は一切日本語を話さず英語のみでディスカッションにディベートなど高度な授業を行うことにより、英語をより身近な環境に適応させたいといった考えがあり導入されています。

 

多くの英会話スクールなどではこういった方法で授業を行い、日本語で英語を考えるのではなく、英語を英語として捉えられる英語脳を鍛えることを目標としています。国内では、英語の授業やスクールの時間が終われば英語脳から日本語脳に切り替え、いつも通りの生活に戻れます。

しかし、実際に海外留学する場合や、海外企業とのプロジェクトなど日本語が全く通用しない場面では、オールイングリッシュがデフォルトです。

 

正しい教養ある英語をマスターしていなければ苦労することにもなりますし、ストレスも溜まることでしょう。実用性のある英語をマスターすることをオススメします。

 

TOEFLでハイスコアを目指すための英語力

 

TOEFLでハイスコアを獲得するには、アカデミックないわゆる「Critical Thinking」力を高める必要があります。正確な文法力・語彙力、英語を操る力の向上は、英語への理解力が問われ、知識量も増やさなければならないため簡単じゃないと考える学生や社会人の方が多くいます。

 

確かに独学や詰め込み式でペーパーテストに適応させるための学習塾などでは、英語をマスターすることはできません。Listening/Reading/Speaking/Writingの4技能を総合的に底上げしなければならないのです。これは、独学や詰め込みでなんとかなるレベルの話ではありませんので、インターネット上に溢れた甘い言葉には注意しましょう。

 

Libertyでは、民間英語試験のために英語力を付けるのではなく、英語そのものの理解力を向上させ、エリート層が操る本格的な英語へ昇華することが目標です。そもそも、日本人英語を解消するためには、日本語から英語を理解するのではなく、英語を英語として理解することが大切なのです。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造そのものを理解することができるようになり、英語技能全般の能力が向上するのでTOEFLなどの英語検定試験でのハイスコアも難しくはありません。

 

まとめ

 

海外での留学やビジネスを考える学生や社会人の方に、正しい英語を身に付けていただきたい理由は、挫折や孤独感を感じることのない生活を送れる土台を作っていただきたいからです。日本で生活していて、言葉で不自由する方は少なくて当然。しかし、一歩海外に出れば日本の環境では感じなかったストレスやジレンマを感じることでしょう。

 

Libertyでは、少しでも早く日本人が英語への苦手意識を克服するためのサポート役に徹します。ご興味を持たれた方は、まずカウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約