英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

プロスポーツ選手を目指す学生も英語が堪能になるべき理由

2019/10/08

プロスポーツ選手を目指す学生も英語が堪能になるべき理由

 

英語は大学進学を目指す学生だけが、マスターするべきという考えは時代遅れです。プロスポーツ選手を目指す学生も、早急に対策し英語が堪能になっておくべきです。バイリンガルになることによって開かれるスポーツ選手としての可能性についても考えてみましょう。

 

英語が堪能なことによって変わる未来

 

様々な種目でプロスポーツ選手を目指す学生は増えています。野球やサッカーといった人気のスポーツでは、海外へ挑戦をする日本人は年々増えています。また、その他のスポーツでも世界的に活躍する日本人は数多く、世界各地で活躍を見せています。しかしながら、競技においては活躍ができながらもコミュニケーションの面などにおいて英語に苦労される方が多くいます。

 

なかには、英語ができないから海外挑戦を諦めるといったプロ選手も少なくはありません。スポーツによっては選手生命が短く、その後の人生の方が長いこともあり移籍金や契約金といった自身の身体に値段を付けられる世界では、国内よりも海外の方が給与も破格となる金額を提示されることもあり、語学で諦めるというのはあまりにももったいない理由です。

 

語学をマスターし、海外の観客を魅了するパフォーマンスの働きができれば10倍や100倍のお金を稼げる環境も用意されています。学生時代に勉学を諦めてはいけません。英語をマスターすることで、周りの選手よりも活躍の場を切り拓くことができます。

 

パズルのような英語授業から脱出しよう

 

日本語英語を教える学校授業では、海外では通用しない。こういった情報は、海外に渡米し経験することで感じる大人は少なくはありません。

また、学生時代であれば、TOEFLやTOEICにIELTSなどのハイスコアを目指す学習方法に特化した学習塾などで鍛える学生もいますが、実際に英語を使用する環境では上手く使いこなせないなど汎用性の乏しい英語を学ぶことにもなります。

 

しかし、ネイティブレベルにも通用する英語力を身に付けることは国内でもできます。正しい環境で学ぶことができれば、苦手意識や不安を払拭することも可能です。

 

Libertyでは、グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語圏のエリート層が操る英語をマスターすることが可能です。ビジネスシーンだけでなく、スポーツ選手が海外でも活躍の手助けとなる英語力を身に付けることができます。

 

まとめ

 

英語をマスターすることで、世界の強豪クラブへの移籍を視野に入れることができます。国内レベルに止まらないポテンシャルをもつ選手は、必ず海外への夢を抱くことでしょうが、語学で躓き失敗する名選手も多くいます。自分の価値を高めるためにも学生時代から英語をマスターすることをオススメします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約