英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

英語が苦手な人の特徴と苦手意識をなくす本当に重要なこと

2019/10/30

英語が苦手な人の特徴と苦手意識をなくす本当に重要なこと

 

英語が苦手な人の特徴や苦手意識をなくす方法など、英語を習得したい人向けの情報サイトは多くありますが、いくら閲覧したところで英語への嫌悪感がなくなることはありません。短期間で英語をマスターするための本当に重要なことを知っておきましょう。

 

情報サイトが当てにならない理由

 

中学生や高校生の頃に英語に対して苦手意識が生まれてしまう人が多くいます。グローバル社会の現代では、就職してから英語スキルを要求される場面もでてきますが、苦手意識があると、英語習得への期間も膨大に必要になり、いくら勉強しても英語が上達しないという状況に陥ってしまいます。

 

英語に向き合う姿勢を作ろうと、苦手意識を克服する方法についてネットで調べる方もいるでしょう。しかし、多くの情報サイトには声に出して読み上げるやリスニングで英語を身近に感じるなど、「英語が苦手」ということに対して「苦手ではない」という暗示をかけ紛らわしているだけに過ぎず、根本的な解決策には至りません。

 

英語が得意になる。すなわち英語の本質を理解すること

 

苦手意識は心の問題でもあるため、容易にコントロールできるものではありません。
いくら誤魔化そうとしても、間違いなく大きなストレスになってしまいます。

 

英語への嫌だという感情を払拭するためには、自信をつけることです。
自信をつけるためには、英語のハウツー内容や自己肯定感などのメンタル情報は必要ありません。英語の構造を理解し、英語の本質を知ることが大切なのです。

 

英語力が高まりTOEFLやIELTSなどの民間試験のスコア獲得や、学校での英語の成績が上がれば、自身のインセンティブとなり、さらなる自信が生まれてきます。
そして、さらなる高みを目指すためのモチベーションにもつながり背中を押してくれるでしょう。

 

まとめ

 

いくら情報サイトに掲載されている詰め込み式の勉強方法をマネしても、苦手意識が強ければ強いほど、勉強は捗らず英語習得まで遠回りとなってしまいます。
また、本質を理解していない英語はスコアを獲得できても、対話などのダイレクトなコミュニケーションの場では役立たない無駄なスキルにもなってしまいます。

 

Libertyでは「グラマーテーブル」という独自のメソッドで英語の核となる基盤から理解していただきます。学校の授業で教えられている、生徒たちへ苦手意識を植えるような中途半端な日本人英語ではありません。グラマーテーブルを用いたカリキュラムで英語の本質を習得できれば、完成されたパズルを見ながらピースをはめ込むように理解できるようになります。そして、必然と苦手意識がなくなり、Listening/Speaking/Reading/Writingの4技能を飛躍的に向上し、エリート層が操る完璧な英語を習得いただけます。

 

英語への苦手意識から払拭し、一生ものの完璧な英語を短期間でマスターしたい方は、ぜひLibertyの無料カウンセリングを受けてみてください。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約