英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

平等という言葉に騙されないで!英語スキルを活かす未来

2019/12/03

平等という言葉に騙されないで!英語スキルを活かす未来

 
民間英語試験の導入予定であった大学入学共通テストも頓挫したことで、学生のはっきりとした目標が打ち立てられるようになりました。今回の導入の見送りにより、平等ではないといったコメントも目に付きましたが、平等に進む世の中というのは限りなく少ないのではないでしょうか。英語スキルを活かす未来について考えてみましょう。

 

そもそも平等とは?

 

学校教育における平等とは、教科書以外に平等な物は存在しないのではないでしょうか?
教員を選べるわけでもありませんし、学習塾に通う生徒など学ぶ方法に関してはそれぞれ違う道を選んでいます。

 

確かに今回の民間英語試験で掛かる費用など、受けられる回数など家庭の経済状況によって有利不利が多少は生まれることだったでしょう。これは紛れもない不平等だと考えても間違いではありませんが、そもそも、学校教育で習得できない英語力を競わせることが間違いでもあったでしょう。

 

グローバル社会において英語は重要なスキルという立ち位置にあることは間違いありませんが、習得に至るまでのプロセスは必ず自身の努力や学ぶ環境を正しく選ばなければなりません。

 

学ぶ方法は多岐に渡りますが、実際に使える語学力を身に付けるためには経済状況だけが問題視されるべきではないということです。平等であるには、英語教員のレベルの均一や英語スキルの習得を目指すカリキュラムの構築が大前提だということです。

 

そういった面も考えて今後の英語への取り組みを行わなければならないと言わざるを得ない状況だということを理解しましょう。

 

学校教育では英語習得は難しい

 

日本の総人口1億2614万人の中で英語を習得している方は、ごくわずかな限られた人だけと言っていいでしょう。これだけの人間は必ず義務教育を受け、英語の授業を少なからず数年は学んでいます。

 

しかしながら、日本人の英語への苦手意識は高学歴や政治家に至るまで、多くの人が悩まされている現状です。グローバル化が進む中で、海外との取引ある企業であっても英語が必要とされる部署の人間のみが英語を使うことができるといった状況でもあります。

 

これでは、大人が考える英語のスキルと子供が考える英語のスキルは今後もかけ離れ、問題視されてしまうことでしょう。そもそも、英語という語学はコミュニケーションスキルの一つです。他言語でコミュニケーションし海外留学し知識を蓄えるや、海外企業と対等に商談できる能力にすることが目標です。

 

ただ、これだけのことが日本の学校教育では身に付けることが出来ないのです。
日本人英語は、日本語という構造に無理やり英語を乗っけるため無理が生じます。
英語を英語としてとらえる英語脳を鍛える方法を知らない教員が多いため、いくら教科書や授業の改定が入ったとしても、習得を困難にするだけだということに気が付かなければいけないのです。

 

まとめ

 

平等という言葉は必ずしも皆に与えられるものではありません。
誰だれの家では新作ゲームを発売日に買ってもらって羨ましい。格安スマホすら買ってもらえない。経済状況は家庭によって違います。

 

しかし、学ぶ意識が学生にあるのであれば、将来への投資がどれだけ大事か意識することはできます。世界で活躍する一つの方法が英語というスキルという判断をしたのであれば、英語習得を目指すことが大切です。日本人が苦手とするスキルを身に付けることでアドバンテージを得られ、選択肢が増えることは間違いではないことに気が付くのが早ければ早いほど有利であることを知りましょう。

 

Libertyでは、TOEICやTOEFLなどの民間英語試験でスコアアップできない学生や社会人に正しい英語の構造を学んでいただきます。日本人英語では到達できなかった、本格的な英語をマスターしていただく事で諦めかけていた夢を実現するチャンスを得ることにもなります。ご興味がある方は、Libertyの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約