英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

TOEFLでスコアアップを目指す!お金でスキルを買う発想

2019/12/05

TOEFLでスコアアップを目指す!お金でスキルを買う発想

 
英語学校や総合塾など、成績向上に向けてお金を払いスキルを買うことは悪いことではありません。チートだのズルだのと通っていない学生が言うかもしれませんが、お金を上手に使いスキルを買うという発想は賢い選択でもあります。

 

時間とスキルをお金で買う

 

お金は便利なものです。自分にお金さえあれば、衣・食・住だけでなく、学ぶことにおいてもワンランクもツーランクも上の学習を受けることが出来ます。

 

格差社会であるがために、十分な教育を受けることが出来ない学生がいる事も確かです。
仮に、自身の家が裕福であれば将来役立つスキルを身に付けるということは、アドバンテージにもなります。人が5年かけて習得する英語も、1年や6か月で習得できるのであれば、お金を支払ってでも習得したいと考える方は多くいるでしょう。

 

ただし、お金を支払ったからと言って絶対に習得できるものではありません。
教育環境が悪い可能性もありますし、自身のやる気によっても習得できない事さえあります。お金でスキルを買うチャンスは得られますが、それを習得するには正しい環境や自身のやる気が関わることを忘れてはいけません。いくら裕福な家庭であっても、学びを放棄し無駄銭とすることは成長に繋がらず、ご両親の期待を裏切るだけですのでオススメできません。

 

留学にも費用は掛かる

 

留学を目指す学生は、TOEFLやIELTSといった民間英語試験で結果を出す必要性があります。しかし、4技能を計る試験ですので、総合的な英語力が備わっていなければハイスコア獲得や行きたい留学先のボーダーラインを超えることは難しくなります。

 

また、TOEFLやIELTSといった民間英語試験は、総合塾や学校教育では絶対に到達できない英語のレベルがあります。ハイスコア獲得を目指すのであれば、しっかりとした英語学校で学ぶことが重要です。

 

自分自身の目指すべき目標に英語が必要と言うのであれば、投資は大切です。必ず英語取得が可能となる環境を選びましょう。

 

Libertyでは、日本人が苦手とする英語へのアプローチ方法が日本の学校教育とは全く違います。そもそも、日本で教える様な詰め込み式の教育では、英語の構造や文法への理解が劣るため英語習得を遠回りにしています。
グラマーテーブルを軸とするメソッドにより、英語の核となる構造や文法の正しい使い方を教え、英米人のエリート層が操る本格的な英語習得を目指します。ペーパーテスト対策の英語レッスンではなく、英語4技能を向上させる英語授業ですので、最終的にはTOEFLやIELTSといった民間英語試験でも結果がでるようになります。

 

まとめ

 

お金の使い方は、家庭によっても社会人によっても違います。
また、独自で学ぶには時間がかかりすぎるや、本題を教えない教育環境を選んでしまえば失敗する可能性も高まります。
スキルを習得したいと願う人は、正しい教育を受けられる環境を選ぶことが大切です。
また、失敗の可能性が少ない方法を選ぶことで、目標や成功に近づくのも当然の結果だということは理解しておきましょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約