英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

アウトプットを意識する英語でTOEFLのスコアアップ

2019/12/26

アウトプットを意識する英語でTOEFLのスコアアップ

 
英語は単語や文法などをインプットばかりしているだけだと、スキルの向上が難しくなります。語学ですので、対人での会話を熟すことにより英語脳を鍛え挙げることができます。また、TOEFLなどの民間英語試験でのスコアアップするにも瞬発的に英語が使えなければならないのです。
 

アウトプットが重要な理由

 
記憶にとどめるインプット作業は、単語や文法を覚えることや、ペーパーテストの穴埋め問題には効果的な勉強ですが、語学を身に付ける際に重要な行動はアウトプットとなります。

 

日常的な会話だとしても発声し、相手に話してみなければ何が伝わらないのか分かりません。コミュニケーションスキルとして扱う言語だからこそ、覚えるだけのインプットに頼るだけの語学学習では成長を垣間見ることは出来ないのです。

 

しかし、アウトプットする環境を作り出せない学生や社会人がいるのも納得が出来ます。
外国人と対話できる環境は、職場であったり学校に必ずしも与えられる環境ではございません。

 

現在では、その環境を作り出すツールの一つに、インターネットがあります。
対話する場所への問題は解決することも出来ますが、知らない人とのSNSやSkypeで会話することに不安を感じる方も少なくはないでしょう。アクションすることへの不安を抱えている方は、まずは英語学校へ通い基礎を固めることをオススメします。
自信を付けることが、語学においても重要なポイントなのです。
 

英語学校でアウトプットする

 
英語をアウトプットする環境は、対外国人に通用することが大切になります。
ネイティブレベルのスピーカーや流暢に英語を話せる人物と会話することが望ましいのです。

 

そんな環境近くにないという学生や社会人の方は、英語学校で学ぶのが最も成功率が高まる英語学習方法だと言えます。日本では、英語を話す環境を作り出さなければ、一日に英語を話さないのは当然ですし、1週間話さなくても生活ができます。

 

英語学校へ通うことで、英語への距離が縮まり講師がアドバイスしてくれながらレッスンを受けられるため、英語習得への近道にもなります。ただし、単語や文法を詰め込んだりTOEFLなどの民間英語試験の対策問題ばかり行う学校でのレッスンは意味がありません。

 

もちろん、単語や文法を覚えることが重要なのは当然ですが、そもそもの英語の構造などへの理解度・使い方が分かっていなければ、単語や文法を正しく使えません。幾ら詰め込み式の勉強でスコアアップしたとしても、最終的な英語でのコミュニケーションという面では進歩していないのです。

 

Libertyでは、グラマーテーブルを軸とするメソッドで、文法の構造・英語の構造そのものを理解することができるようになります。英語の「核」となる部分が強化されるため、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力を向上させられます。
教養あるエリート層の英語をマスターすることで、国際的な舞台での活躍も可能となるのです。
 

まとめ

 
英語学習においてインプットばかりの日本の学校教育では、英語への進歩が見ることが困難となります。また、総合塾では、テスト対策の詰め込み式レッスンが支流です。
これでは、英語を習得するという願いは叶わないでしょう。
覚えることが重要ではなく、使いこなすことが語学の最終地点でありゴール。
英語で夢を叶えることが重要なのです。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約