英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語でコミュニケーションを図るには失敗を恐れてはいけない

2019/12/29

英語でコミュニケーションを図るには失敗を恐れてはいけない

 
人生において失敗した経験がない超人類は限りなく少ないでしょう。語学習得を目指す外国人も日本人も失敗を糧に成長していきます。今回は、英語でコミュニケーションを図るには失敗を恐れてはいけない理由についてお伝えします。
 

何事も失敗はつきもの

 
語学学習をするうえで、失敗しない人はいません。
幼児が日本語を覚えていく段階と同様に、他言語を大人や学生が身に付けるには、それ相応の失敗する経験を積み正していかなければ成長はあり得ません。

 

語学としての基礎となる文法を習得したとしても、パッと会話が成り立つかと言えば、何度も言語を使いコミュニケーションを図らなければ進歩もないのです。

 

そこで、失敗したとして恥ずかしい思いをするかもしれませんが、次に生かすことができるので、失敗を失敗のままにしてしまっては語学において成長はありません。

 

日本人が会話で間や雰囲気を読む事に気を付けますが、これはコミュニケーションを取る人間すべてが、気づかい自然と身に付けているコミュニケーションスキルの一つ。

 

当然ですが外国人が何も考えず話している訳はありません。会話のキャッチボールをしています。だからこそ、失敗して反省して直していくことが大切なのです。せっかく身に付けたスキルも成長させなければ意味がないということです。
 

失敗した場合の対処法

 
会話の流れで相手に伝わりにくい表現だった場合は、文法が間違っていたのか発音が違うのかなど、失敗にも理由があります。
その失敗を解消するためには、相手に確認できる間柄であれば良いのですが、ビジネスシーンだと面と向かって聞きにくいこともあります。

 

しかし、日本人で英語への向上心が高い方であれば、その場で確認してしまうでしょう。外国人は、出る杭を打つよりも、出る杭は伸ばす傾向が強いため、むしろ失敗を訂正したい・成長を目指す姿勢は好印象にも映りますので、ためらわずに聞いてみるのも英語習得には大切なポイントにもなります。

 

Libertyでは、日本人英語から英米人のエリート層が操る本格的な英語習得を目指すカリキュラムをご用意しております。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、日本人英語では習得することが出来なかった英語への理解を高めることができます。
英語の核となる構造や基盤を強化することにより、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語4技能の能力が向上します。
 

まとめ

 
失敗を失敗で終わらせてしまっては、語学に上達しません。
最初から上手に使いこなせるわけはない。失敗して上達するものだという意識を持って取り組むのも重要なのです。また、英語の基盤を理解していることで、何が悪いのか分かれば、修正することは難しいことではありません。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約