英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFLのスコアアップも幼い頃から英語に慣れるべき?

2020/01/16

TOEFLのスコアアップも幼い頃から英語に慣れるべき?

 

幼いころから英語に慣れるために、アメリカンスクールに通うお子さんも最近では増え、日本においても英語習得の重要度が高まってきています。幼いころから英語に触れることは大事なの?TOEFLなどのスコアアップにも影響があるのかなど、幼い頃から英語に慣れるべきかお伝えします。

 

英語への取り組み方

 

日本において英語への取り組みは、小学校の授業で英語が導入され、インターネットを使った英語学習など子供をとりまく環境にも変化が起こっています。

なかには、アメリカンスクールやインターナショナルスクールに通い、英語や外国人と触れ合う時間を増やしている親御さんもいらっしゃいます。そうすることで、4技能を自然と身に付けられるため、TOEFLなどの民間英語試験でも対策が立てやすくハイスコアを獲得するケースもあります。多様化する世の中において、英語を重要視するのであれば賢い選択とも言えるでしょう。

 

日本の義務教育だけを受ける学生には、どうしても英語習得が困難となり、むしろ苦手意識さえ植え付けられてしまい、大人になっても英語を習得することが出来ていません。

 

幼いころから英語へ触れ合う機会を増やすことが、必ずしも成功に繋がる分けではありません。しかし、日本人の中で英語スキルを身に付けていることがアドバンテージを得る状況であるため、海外留学や就職など世界に挑戦したいと考えるケースにはマッチしていると言えるでしょう。

 

幼い頃からの英語は親御さんが肝心

 

子供にとっては耳から入る情報・目から入る情報どれもが全て新鮮であり、吸収するスピードも大人よりも早いため、英語のレッスンを受ければ喜び学び身に付けていくことでしょう。しかし、家に帰れば日本語ばかりの環境のため、英語を使う機会が失われ、小学生のころには英語への興味もなくなり、英語を忘れてしまうケースもあるのです。

 

英語教育を始めるのは早ければ早いほど良いというものの、継続しなければ力にはなりませんし、家庭で英語を話す環境や同世代の英語を話す友人がいなければ英語を身に付けることは困難となります。

 

また、英語は、中学・高校生になってからでも大人になってからでも努力次第で身に付けられるスキルです。必ずしも英語学習を幼いころから始めることがベストであるという訳ではないのです。英語に触れあう環境をお子さんに沢山作ることができるのであれば、幼いころから取り組んでも悪くないというレベルなのです。

 

まとめ

 

日本では英語習得が困難なため、親御さんがいかに英語に対しての関心があるかが重要でもあります。教育熱心なご両親であれば、早くから英語教育を始めますが、英語を使う場を提供できるところまでサポートしてあげなければ、4技能を鍛えることは困難なのです。
正しい英語を身に付けるのは、いくつからでも始められます。
アドバンテージを得るにも、時期や環境を考え行うことが重要だということを覚えておきましょう。

 

Libertyでは、教養あるエリート層の英語と同じ英語脳を作り上げることができます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の基盤を理解し4技能(Listening・Speaking・Reading・Writing)の能力を高められます。ご興味がある方は、無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約