英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語は今後も世界共通語だとされ日本人も習得が必要な理由

2020/01/23

英語は今後も世界共通語だとされ日本人も習得が必要な理由

 

グローバル化によって、英語人口がさらに増加していくことが予想されていますが、日本は未だに英語習得へ後れを取る状況です。時代は英語スキルを必要とする中、日本はさほど進歩していません。今回は、英語は今後も世界共通語であるため、日本人も習得が必要な理由についてお伝えします。

 

なぜ英語が世界共通語となったのか

 

語学の中で英語は、世界共通語としてその地位を確立したのにも歴史があります。
まずは、大英帝国時代のイギリスの影響が大きく、全盛期には世界史上最大の面積を誇る領土を手中にし、文化や言語が浸透していきました。
そして、現在の世界トップのアメリカの勢力が英語という語学を世界共通語として押し上げてきたと言えます。

 

近年では、中国がGDPでアメリカを近いうちに追い抜くといった情報もありますが、英語を世界共通語として操る国が多いため、中国がGDPでトップに立ったとしても中国語が世界共通語として切り替わるようなことは難しいでしょう。

 

英語と違い中国語を母国語とするのは中国のみですので、第二言語として中国語を学ぶ人口が英語並みに急増する可能性は低い。また、中国の模倣で成り立つ現在の経済状況を見定めると、新しい技術を生み出す知識はまだアメリカなどの先進国より劣っているため、急激な変化が起こりづらいとも考えられるのです。

 

日本人が英語習得が必要となる時代

 

アジアの中でも日本の英語レベルは劣っているため、現在のグローバル化する世の中で後れを取っている状況が続いています。英語で商談するだけのコミュニケーション能力を持つ人材、海外で活躍できる能力があっても語学力がないため日本国内を出ることができない人材が数多くいます。

 

これは、日本経済においては多大なるマイナス要因にもなります。
仮に、日本人が共通語として英語を操ることが出来れば、海外シェアを数多く獲得できるチャンスはあったはずです。

 

現在もその状況は打破できる可能性はあります。
中国のような模倣ではなく、れっきとした精密で繊細な日本人の技術力は、世界に誇れるMADE IN JAPANであるのは変わりありません。その信頼は、世界中に知れ渡っているのですが、なんせ日本人のコミュニケーション能力の低さが災いをもたらしたとも言えます。その壁になったのが英語であり語学力。

 

現在の日本では、英語力を身に付けたグローバル人材育成に力を入れています。これは、政府が推し進めている方針でもあるので、学生への英語教育レベルも押し上げようとしています。

 

しかし、グローバル化は待ってくれませんし、海外シェアを獲得を目指すのは日本だけではありません。言葉巧みにシェア獲得を目指し、さらに発展を目指す中国や韓国だけでなく、発展途上国の成長もめざましいのです。日本が悠長に構えていることこそが、一番問題となるでしょう。

 

まとめ

 

グローバル化に伴い日本人が外国人との接点が増えています。
ビジネスシーンでは特に重要なコミュニケーションツールですので、周りよりも早く習得できれば、それだけチャンスが増えるでしょう。また、日本人の中でも、英語の重要度に気が付き、習得に取り組む方は増えてきていますが、日本語とは構造が違い過ぎるため難航している状況でもあります。

 

Libertyでは、欧米人の教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするサポートを致します。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の核となる構造・基盤を体系的に集約しているため、回り道をすることなく、最短距離で英語力を身につけることができます。ご興味がある学生や社会人の方は、ぜひ無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約