英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

プレッシャーが原因でTOEFLスコア獲得が難しいと感じる

2020/03/19

プレッシャーが原因でTOEFLスコア獲得が難しいと感じる

 
TOEICやTOEFLといった試験は英語力を測るものですが、大学入学や就職の条件としてスコア設定をされていることもあり、自身にプレッシャーを与え実力を発揮させられず難しいケースに追い込んでいる場合があります。英語は語学という本質を理解し、取り組むのも必要なのです。

 

語学学習の正解は見えにくい

 

英語学習方法は、YouTubeやネット記事で簡単に検索できます。
自身が良いと感じたものを学習に組み込めるのはメリットではありますが、どんな学習法を取り入れても上達しなければ、翻弄され英語上達までの道を遠ざけるものになってしまいます。

 

特に独学では自身がどこまでスキルアップしているのか測れず、上達しているのにもかかわらず実感がわかないため新たな勉強法へと手を出し、全てが中途半端という結果を招く可能性もあるのです。

 

また、一つの問題集をクリアし自信を身に付けたとしても、新たな問題集を手にした時に躓けば、本当にこの勉強方法で良いのかといった迷いも生まれやすくなります。

 

テストは意欲を駆り立てるもの

 

テストというものは本来自身の力がどれほどなのか、苦手な部分を認識し強化する指標となるものであり、意欲を駆り立てるものです。企業や大学が人選するうえでテストのスコアは判断材料にもなるため、自身で目標達成の基準にするスコアを設定するのは大切です。

 

しかし、小さい頃から点数が悪ければ親に勉強しなさいと怒られ、先生には進級できないと言った言葉を投げかけられるあまりに、いつしかクリアしなければいけない課題とすることや、正しい学習の導きやメンタルサポートがなく、詰め込み式の暗記型学習でテストをトライさせる方法では、苦手意識が植え付けられプレッシャーやトラウマといった挫折につながることでしょう。

 

Libertyではグラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の核となる構造から強化し、英語を英語として捉えられる英語脳を作り上げることが出来ます。また、ペーパーテスト対策の詰め込み学習ではなく本質を捉えた英語学習であり、ネイティブが操る本格的な英語習得を目指せるためTOEFLのスコアは自ずとついてきます。そして、生徒へのコーチングを行い目標達成まで寄り添い支えることで、学習において重要なモチベーション維持にも努めております。

 

まとめ

 

英語の本質はコミュニケーションを図る言語ということを忘れてはいけません。
テストを意識しすぎた誤った英語の勉強方法では、TOEFLやTOEICの点数獲得ができても、昇進や留学などその先の本当に手にしたい目標を達成できなくなってしまいます。
ペーパーテストは通過点に過ぎないことを念頭に置きましょう。

 

英語のスキルアップだけではなく、テストにプレッシャーを感じている方や気持ちの低下で悩んでいる方は、ぜひ一度Libertyの無料カウンセリングへお越しください。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約