英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

日本における英語学習が成功しない理由と必要性の高い英語力

2020/03/31

日本における英語学習が成功しない理由と必要性の高い英語力

 
日本人にとって英語は習得が困難な語学としての認識が強く、習得するには膨大な時間と努力が必要だと考えている学生や社会人が多くいます。今回は、日本における英語学習が成功しない理由と必要性の高い英語力についてお伝えします。

 

日本における英語学習が成功しない理由

 

日本人が英語を勉強として最初に学ぶ環境は、学校になることが最も多いでしょう。
基本的な挨拶の仕方から始まり、数や曜日を覚えるといった単語や例文を暗記していき、文法を覚えていくことになります。

 

このような授業内容では、文法の学習方法などの教育が、かなりアバウトに教えられてます。英語の構造や規則を理解できずにいると、英語への苦手な感情が芽生え、英語は難しい。英語は理解不能。といった印象が植え付けられてしまいます。

 

また、小学生や中学生にとっては英語で話してコミュニケーションを取らなければならない状況があまりにも少なく、日本語のみでの生活しか知りません。むしろ、英語は必要ないと考えてしまうのも無理はありません。大人にならないと、その重要性に気が付けない授業というのは、とても多いのです。

 

必要性の高い英語力

 

日本において英語というスキルを習得しづらい環境であることは分かっていただけたと思いますが、そこで諦めるべきスキルではないのです。むしろ、日本人の大半が苦手としているスキルだからこそ、身に付けた方がメリットの多いスキルだと考えられるのです。

 

英語は進学や就職で有利になるや、昇進昇級と言ったキャリアアップにもつながる素晴らしいツールです。また、グローバルな社会において日本企業の多くは、海外企業との商談や海外在留して欲しいといった意識はありますが、本格的な英語力を備えた人材は少なく、どの企業も喉から手が出るほど欲しい人材なのです。

 

ただし、TOEICやTOEFLで平均よりも高いスコアが獲得出来たからといって、優遇されるわけではありませんので注意しましょう。

 

日常会話よりもレベルの高い、専門的な分野でも対応可能な英語力が必要とされているのです。従って、英語を母国語とするネイティブレベルの英語力を求められています。

 

まとめ

 

日本の学校での英語教育方法では、暗記に固執する勉強法でもあるので、応用の利いた会話を成立させることやネイティブの発音を聞き分けて理解することは難しいと言えます。国内外で求められている英語レベルは決して習得が出来ないものではありません。

 

将来役立つ英語力を身に付けたい方は、Libertyの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。しっかりと、英語の規則や構造を理解することにより、ハイレベルの英語力を習得することが可能です。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約