英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

TOEFL100点でアメリカ留学を目指す学生のメリット

2020/04/02

TOEFL100点でアメリカ留学を目指す学生のメリット

 

近年、日本でも国際化に精通する学部を保有する大学も増え、グローバル社会に適応する人材育成に力を入れている状況です。さらに上のステージでの活躍を目指す学生であれば、海外留学も一つの方法となります。今回は、TOEFL100点でアメリカ留学を目指す学生のメリットについてお伝えします。

 

アメリカ留学のメリット

 

学生にとってアメリカへの留学は、ハードルが高いと考え敬遠しがちですが、これからの国際社会において海外での経験を積むことで得られるメリットはとても多くあります。

 

TOEFLで100点を取れるような学生であれば、ハーバード大学などの超一流大学への進学も目指せます。リベラルアーツ教育を行う大学や大学院で学ぶことは、さまざまな分野の知識を蓄えることが可能となります。専門教育だけでなく、幅広い教養を備えている人材の方が今後の世の中では需要が高いのです。

 

また、海外生活で得られるのは学習だけでなく、交友関係が広がることにより自身が起業した場合に、海外の交友関係を活かした取引を視野に入れるビジネスプランも取り入れられます。そして、日本国内だけでなく海外も視野に入れた働き方のバリエーションも増えるのです。

 

ですので、国内で4年間費やすよりも海外で4年間費やした方が、学業にも専念でき大学の著名な教授の授業を受けることで教養や知識に経験を積むことが学生時代に出来るのです。国内企業内でもグローバル化が進み、英語力のある人材が枯渇している状況でもあるため、海外経験を引っ提げて日本の外資系企業への就職などに繋げるなどのメリットも考えられるのです。

 

TOEFL100点を目指す英語学習

 

日本の学校教育や総合塾では、TOEFL100点やIELTS8.0といったハイスコアを目指すことはとても難しいと言えます。英語の4技能を操る必要がある試験において、暗記に頼った詰め込み式学習ではスコアアップが出来ずに挫折を経験する学生や社会人が多いため、英語学習の方法の見直しが大切になります。

 

そもそも、実用性のある英語力が求められているため、試験のために努力するよりも外国人とコミュニケーションを図れることに重きを置く必要性があります。

 

Libertyでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語習得を目指すカリキュラムを組んでいます。「究極の基礎」ともいうべきグラマーテーブルを身につけることで、文法の規則や構造を体系的に理解できるようになるため、あとは日本人が得意とする単語力と熟語力の積み上げだけで、英語をマスターできるようになります。

 

まとめ

 

TOEFLで100点を目指すことでアメリカの一流大学への進学の道が見えてくるほか、就職などで役立つスコアでもありますが、実用性のある英語力が必須であることを忘れてはいけません。正しい英語力を身に付けグローバル社会を生き抜く力強いスキルとして昇華させることが重要となります。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約