英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

京大から海外有名大学へ編入するために必要なGPAや英語力

2020/05/01

京大から海外有名大学へ編入するために必要なGPAや英語力

 

京都大学の学生が、現代のグローバルな社会で活躍するために、海外大学への短期留学や編入を望むこともあるでしょう。その際に、必要となるGPAや英語力についてお伝えします。

 

海外有名大学への短期留学や編入

 

日本国内でトップクラスの京都大学に通う学生が、グローバルな時代を考慮して海外の有名大学への短期留学や編入を目指すケースも増えています。

 

日本以上に教育方針や授業内容も、社会のありとあらゆる問題にさまざまな角度から立ち向かうリベラルアーツの学びを行っているため、自身の成長を促すには最適な環境でもあります。

 

また、ハーバード大学の学生の平均GPAは3.6ですので、かなり高いレベルだと言えるでしょう。しかし、京大や東大のトップクラスの学生でGPA3.1~3.5以上あれば、海外の有名大学へ編入だけでなく、大学院までの進学さえも考えられるため、様々な分野のトップクラスの知識を有する人材への成長を遂げられるのです。

 

しかし、日本人にとって問題となるのが言語(英語)です。
英語という語学への取り組みがいささかネックとなり、海外への進出への足枷となっているのも事実です。TOEFLなどのスコアは世界でも最低ランクであると評されていることもあり、学生にとっても英語は苦手意識が強い分野でもあるのです。

 

本格的な英語を身に付け海外へ羽ばたこう

 

日本人にとって英語は難しい言語という認識が強いものですが、実際に英語の構造や規則を理解することさえできてしまえば、日本人が得意とする単語や文法を積み上げる学習方法だけで英語力は向上していきます。

 

文章で見ると簡単そうに感じることでしょうが、この英語の構造や規則をないがしろにしているのが日本の学校教育や総合塾の英語学習だと考えられます。

 

ペーパーテストでハイスコアを目指すことで、英語をコミュニケーションのためのツールであることを理解していない節があり、自身の頭で考え文章を構築し応対するといった技能を高める学習が行われていないため理解に苦しむ方が多いのです。

 

Libertyでは、日本語から英語を理解するのではなく、英語を英語として理解する英語脳を養い、英語ネイティブが感覚的に捉えている英語を体系的に身につけることで、教養あるエリート層の完成された英語を学ぶことができます。

 

まとめ

 

グローバルな現代において英語という能力が備わることで、海外への留学や編入など、外資系企業への就職といった得られるメリットは拡大します。そして、自身の半ば諦めかけていた壮大な夢に挑戦することができるようにもなることでしょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約