英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

海外留学したけど挫折して退学に!英語力向上で変わる未来

2020/05/03

海外留学したけど挫折して退学に!英語力向上で変わる未来

 

日本の学生の中には、海外の大学・大学院に進学できたけれど英語力が低くて退学する学生もいます。国内大学を選んでおけば良かったと後悔しない様にするためにも、英語力向上が大切です。今回は、海外留学したけど挫折して退学に!英語力向上で変わる未来についてお伝えします。

 

海外留学で挫折する理由

 

日本では優秀な生徒も海外の有名大学・大学院に進学して成長したいと飛び込んでみたものの、想像以上に授業が難しいというよりも、語学やコミュニケーションで苦戦し、退学するケースが多いのです。

 

語学留学であっても思った以上に自身の覚えてきた英語力では対応できずにモチベーションが低下して、一刻も早く日本に帰りたいといった意識が強くなってしまう事があります。

 

これでは、せっかく努力して進学を目指した時間が勿体ありません。
知識や教養を海外で得るには、完璧な英語をマスターしておく必要性があるのです。
語学留学するにしても、基礎が固まっていない状況であれば授業を理解するのも困難となります。

 

英語力向上で変わる未来

 

英語圏のアメリカやイギリスなどの大学・大学院では、当然ですが授業はすべて英語で進められます。また、海外の授業はディスカッションやディベートといった討論も多く、自分自身の発言や周りの意見を聞き取る英語力が長けていなければいけません。

 

日本の学校では、このような英語力を蓄えられる授業は行われていません。単語や文法を暗記させる詰め込み式教育が一般的になり、教師が話す英語を聴くだけの受動的な学習方法が基本となるため、英語力が高められることはありません。

 

そして、日本人英語で失敗している学生が多いため、英語を英語として理解できる様に成長させる必要性があるのです。

 

Libertyでは、英語を英語として捉えられる英語脳を養うグラマーテーブルを軸としたメソッドで、教養ある英米人が操る完璧な英語習得を目指します。英語の基礎となる構造や規則を体系的に理解することで英語の核が強化され、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上し、留学や民間英語試験で失敗しない語学力を養うことができます。

 

まとめ

 

海外留学は留学が決まった時点で、目標を達成したと勘違いしてはいけません。
海外での生活・友人との交流・学校での知識や教養を身に付けられることで、やっと目的を達成することができます。そして、その成功を手にするには、完璧な英語力を養わなければならないことを忘れずに英語学習に取り組むことが重要なのです。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約