英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

世界を見渡すと日本人は厳しい!英語力乏しい日本人の将来性

2020/05/04

世界を見渡すと日本人は厳しい!英語力乏しい日本人の将来性

 

世界の中でも日本人の英語力は、最低ランクの低いレベル。経済レベルは低くはありませんが、将来性を考えると少子高齢化など問題は山積みです。今回は、世界を見渡すと日本人は厳しい!英語力乏しい日本人の将来性についてお伝えします。

 

経済大国として胡坐をかいていられるのも今だけ

 

先進国の日本は、海外の中でも経済的にも豊かな国です。
しかし、現在先進国の中でも日本の少子高齢化問題は、危機感を持たなければならない状況となっています。

 

若い働き手がいない、後継ぎがいないなど問題は山積みです。
胡坐をかいていられるのも今だけであり、10年後20年後には働き手が枯渇し、経済状況を維持することが困難であると言われています。

 

この状況を打開する策として考えられるのが、外国人労働者の雇用です。
これは、日本の経済を回す上では必要不可欠な状況でもありますが、日本人よりも語学力があり同レベルの技術を持っていれば、給料が高い日本人を雇用するよりも企業は利益を上げられるため、日本人の雇用を最小限へと移行することさえ恐れられています。

 

また、海外市場に展開するためには語学力の向上が必要ですが、日本人の語学力は低く、世界でシェアを獲得することが困難な状況でもあり、八方塞がりの状態なのです。

 

将来に影響を与えるグローバル人材育成

 

日本の将来を背負って立つ学生たちには、英語という語学の必要性に気付いてほしい物です。苦手意識が強い語学力こそが、将来最も必要とされるスキルなのです。

 

どんな素晴らしい技術や能力があっても、それを打ち出すための発言力が日本語だけでは意味がないのです。グローバルな社会で注目されるには、英語という語学が堪能でなければ売り出す市場は小さくなります。小さな市場で成功するだけでは、海外に飲み込まれてしまう企業も増え、経済大国という威信も陰りを見せることでしょう。

 

海外に対抗できる技術力や能力を存分に発揮するためにも、個々の能力を高めることです。そしてその一番大きな材料が英語力という語学になります。

 

海外のシャアを獲得するためにも、英語学習に取り組む学生が増えなければなりません。
Libertyでは、グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英米人のエリート層が操る本格的な英語を習得していただきます。英語の正解を把握することで、最短かつ確実に高い英語力を身につけることができます。

 

まとめ

 

いま日本が置かれている状況は、そう楽観的な経済状況ではありません。
新型コロナウイルスの影響により、世界的に経済が冷え込み本格的なダメージを与えるのも、これからだとされています。
現在、就職・転職活動をしている学生や社会人だけでなく若い世代も危機感を持ち、自分に価値あるスキルを習得することが大切であることを理解しましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約