英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語学習は勉強時間ではなく質が大切。自分に合った学習計画

2020/06/03

英語学習は勉強時間ではなく質が大切。自分に合った学習計画

 

英語学習は時間を費やせば相関して英語力が上がるとは限りません。長い年月をかけ英語を勉強するもののネイティブレベルに到達している日本人が少ないというのが物語っています。苦手意識の抱きやすい英語学習こそ質に注目して学習計画を立てる必要があります。

 

学習プランにおいての基本的な考え

 

学習計画を立てる際に必ず決めておかなくてはならないのが目標です。
TOEICで600点を目指すや大学入試を突破するなど、目標の設定がなければどのレベルの英語力を備えれば良いか見失ってしまいます。
さらに言ってしまうと、海外企業に就職するといった最終目的となる地点を考え、長いスパンの計画を立てることでモチベーションも維持しやすくなるのでおすすめです。

 

そして、模擬試験などを行い自身の今の実力と逆算しプランを考え、どのスキルが不足しているか、どこが弱点なのかを見極めて学習内容を決めていきましょう。
その際に一日何時間とおおよその勉強時間を含むタイムスケジュールを組むこととなりますが、時間はあくまでも目安と考え、理解度もしくは参考書をどこまで進めるのかといった量で計算していくことも大切です。

 

また新たな知識を入れても人間は復習を行い再度記憶に定着させなければ忘れてしまう生き物ですので、復習時間を必ず設けるようにしましょう。そして、効率良く吸収するためにも休憩時間といった休息を取り入れ、無理のないように進めていくことも大事です。

 

自身のペースが把握できない方は、プラン段階でギュウギュウに詰めてしまうよりも余裕を持った配分を考えていき、時間が余るようであれば復習や次へのステップへ進むなど時間を有効に使用していくのもおすすめです。

 

勉強の質を上げるための英語基礎改善

 

勉強の質を上げ効率良く励むためにメンタル管理や計画的な学習といったものは、どんな教科においても押さえたいポイントとはなりますが、英語という教科においては、日本人にとってマイナスイメージを作りだしている英語の基礎への見直しが最も重要となります。

 

英語が難しいと感じるのは、義務教育課程や総合塾といった学ぶ場で暗記型詰め込み式学習をメインとしており、英語の構造や規則性について教えられていないからです。
本当の基礎を知ることで学習での理解度も変わり、飛躍的な英語力向上を目指せるのです。

 

Libertyでは、グラマーテーブルを軸としたメソッドでListening/Speaking/Reading/Writingスキルの核に当たる本当の英語基礎を学び、日本語英語から脱却し英語脳を養うことが出来ます。論理的に英語を組み立てられるようになるため、英語スキル全般の能力向上を後押ししてくれ実力につながる本格的な英語習得を目指せます。

 

まとめ

 

英語学習を挫折することなく効率的にこなすためには、英語基礎への理解は外せない条件と言えます。また、独学では自己レベルの分析やステップアップするための学習法など息詰まる可能性が高まりますので、客観的にレベルを見極めてくれ先導してくれるスクールへ通うのもおすすめです。

 

学校教育で根付いてしまった誤った英語への考え方から抜け出し、英語学習の質を高めたいとお考えの方は、ぜひ一度Libertyでの無料カウンセリングを受けてみてはいかがでしょう。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約