英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

海外留学するなら生きる手段として英語力向上につなげる

2020/06/03

海外留学するなら生きる手段として英語力向上につなげる

 

海外留学には日本人も安心して行えるプランが続々と登場し取り組みやすくなったものの、英語が思うように上達しないという失敗に終わるケースもあります。本格的な英語に触れられる語学留学を行うのであれば、生きる手段として考え英語力向上に励みましょう。

 

孤独への逃げ場が日本語に

 

言葉が通じないということは、想像している以上に不安に駆られることとなります。

 

授業は英語で行われ、終わればネイティブとの交流がメインとなり、ホームステイ先がある方は帰宅後も英語での生活を強いられることとなります。
こういった状況でもプラスに捉え交流を積極的に行える人は良いのですが、尻すぼみして消極的になってしまうと必ず孤独感というものが生まれてしまいます。
そして、安心感を求め理解できる日本語にすがりたくなってしまいます。

 

日本語の動画視聴や、日本語が話せる知人を見つけだし交流する。英語環境下に耐えられず日本に帰国するという選択肢をとり、英語習得はできないと結論付けてしまうのです。

 

時には逃げることも必要ですが、日本にいる間に立ち向かえる英語力を身に付け挑むことも大切です。

 

生きる手段として英語を学ぶ

 

英語がコミュニケーションツールとして役立たなければ不便である。
このような過酷な環境下に身を投じていれば、問題を解決するために試験対策の英語ではなく、実用的な生きた英語力を身に付けられるチャンスでもあるのです。

 

人間の記憶は、生きるために必要と感じた事柄を反復して学習することで、すぐ忘れてしまう記憶から、長期的に保存可能な長期記憶に移行させることができます。
幼児の言語学習能力が高いのも、言葉は親や友達と意思疎通を図る手段であり、生きるために必要だと感じているからなのです。
子供たちは、上手く話せず相手に伝わらなくても逃げることはしません。一生懸命言葉の壁をクリアしようと日本語を覚えていくのです。

 

日本人の英語学習においては日本語という逃げ道が必ず存在します。
英語は話せなくても問題ないという認識が、留学を失敗に導く要因であるということは理解しておきましょう。

 

まとめ

 

日本語というものを遮断するためには、日本語を英語に変換して考える日本語英語を捨てる必要があります。そして、英語脳を手にするということは、英語力の飛躍的な向上にもなるため、日本にいる間に捨て去ることも重要です。

 

しかし、現在の学校教育では英語脳を習得するカリキュラムは行われていません。
Libertyではグラマーテーブルを軸としたメソッド英語脳を養うために必要な英語の本当の基礎を身に付けることが出来ます。
日本語英語から脱却したい方、留学を成功に導きたい方は、ぜひ一度Libertyの無料カウンセリングを受けてみてください。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約