英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

自分の意見を伝えるのは大変!IELTSを受ける前に学ぶべき事

2020/06/04

自分の意見を伝えるのは大変!IELTSを受ける前に学ぶべき事

 

英語学習を進める上で、どうしてもクリアしなければならない問題は、自分の意志などを相手に伝える力を養うことです。聞けても答えられない、読めても書けないでは英語が習得できているとは言えません。IELTSなどの民間英語試験を受ける前に、アウトプット能力などを高める必要性があります。

 

英語は受け身の授業ばかりじゃダメ

 

授業は、教員や講師の授業内容を聞き取りノートに写すといった時間が長く、自分自身で文章を構築する時間と言うのがとても少ないのです。
そのため、自分で文章を構築するという力が欠けています。
英語という語学において重要な部分の力が養われていないため、致命的な欠点となる状況が続いているのです。

 

日本人で、聞き取ることが出来ても話せないといった方はとても多く、TOEICなどでハイスコアが取れても話せない方も大勢います。これでは、本末転倒です。
英語をコミュニケーションツールとして使いこなしたいのにも拘らず、話せないことで海外への挑戦を諦めたり、社内で海外へ渡航しても通訳を雇わなければならない状況が多くあります。

 

このような英語の環境では、グローバル時代に対応することも困難となりつつあり、文部科学省も4技能を養うことを目指すカリキュラムへと舵を取る様になっています。
しかし、現場の教員レベルや総合塾の講師によっては、流暢に英語を話すことが出来ない方が多くいます。学生自体も受け身の英語学習から一刻も早く抜け出さなければならないのです。

 

受け身から発信できる英語能力を

 

今現在、学校教育や総合塾で満足いく英語学習を受けられている生徒は、とても低い確率でしょう。学校によっては、グローバル時代に適した人材作りの一環として、英語に力を入れ4技能を体得できるようなカリキュラムを売りにしている学校もあります。

 

ですが、そういった学校であっても、CEFRのA2やB1レベルで止まってしまうといったケースも少なくありません。進学校であり、英語を主体とする授業を受けても英語の本質が見抜けない学生も少なからずいるということです。ネイティブの教員は日本語には準じていません。英語を英語として捉える英語脳は持っていますが、日本語から英語に切り替えるためには、どういった考え方を持つのかを教えることが困難なのです。

 

Libertyでは、英米人の教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするカリキュラムをご用意しております。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の基礎となる構造や規則といった日本の学校教育では教えてこられなかった英語の核となる部分を体系的に理解することで英語の正解が導き出せ、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力を向上させることができます。そして、IELTSなどの4技能が必要な試験であっても、臆することなくスコアアップさせることが可能となります。

 

まとめ

 

IELTSやTOEFLといった日本の学生にはスコアアップが難しい試験であっても、4技能を操ることが出来るようになれば、自然とスコアも上がります。しかし、日本人は、自分の考えを文章に構築して話すといった能力がとても低いのです。それも、英語の構造や規則といったルールを理解していないため、難しく感じてしまっています。正しい英語を把握することで、英語レベルは向上していきますので、正しい英語学習に切り替えることをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約