英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

勉強しているはずなのにIELTSのスコアが上がらない!

2020/09/06

勉強しているはずなのにIELTSのスコアが上がらない!

 
語学留学や海外の有名大学進学を目指す学生の中には、IELTSなどの民間英語試験でのスコアアップが必須。しかし、いくら英語の勉強をしていても伸び悩むときがあります。今回は、勉強しているはずなのにIELTSのスコアが上がらない理由についてお伝えします。
 

学習における停滞期

 
通学中や休み時間など隙間時間を利用しても英語力が向上しない停滞期といったものが人によっても違いますが、どんな学習においても起こる現象でもあります。
 
根詰めすぎではないでしょうか?
理解が浅い部分があるのではないでしょうか?
目的意識が曖昧だったりしていませんか?
モチベーション低下していませんか?
 
勉強はモチベーションを維持しながら、少しずつ積み上げていく努力のいる学習です。
気分が乗らなかったり、体調が優れない日だってあります。
そんな時にまで無理して勉強していれば、思考も追いつきません。若いうちは無理ができるなんてことを言っているかもしれませんが、体が資本ですので無理をし過ぎれば体が悲鳴を上げてしまうのです。ストレスを感じながら勉強していては、留学先でメンタル面を酷くやられてしまうかもしれません。
 
そういった時に、頭や体をリセットして、万全の態勢に整えてから再度英語学習に励んだ方が集中力も増し理解力も高まりますので、しっかりとタスク管理して勉強への熱意を保つことも重要です。
 

IELTSで結果が出ない理由

 
IELTSは4技能を図る試験ですので、日本人には難しいと言われています。
確かに、暗記力重視の勉強だけではIELTSで結果を出すことは難しいと言えるでしょう。総合的な英語力が備わっていなければ、解答できない問題ばかりです。
 
では、どうやって英語の4技能を高めればいいのかといった疑問が生じます。英文法を使えればOK?語彙力を増やせばOK?文章構築ができればOK?これら全ての能力を高める必要性があるのです。しかし、日本人にはそれができないのはなぜでしょう。
答えは、英語のルールを理解していないことが大きいと考えられます。
英語は日本語よりも決められた規則があるため、文法や発音でそれを無視しているとIELTSで結果を出すことは難しいと考えられるのです。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語をマスターするカリキュラムを提供しています。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の基盤となる構造や規則を体系的に理解し、英語の核を強化することにより、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語の総合力を押し上げることができます。
英語の全体像がハッキリすることにより、民間英語試験のIELTSやTOEFLで結果を残せるようになるのです。
 

まとめ

 
IELTSは日本人には難しいとされる内容の問題が多く出題されます。隙間時間などを利用して学習しても、難しいと感じる意識があるままだと成長は難しいでしょう。英語というルールを理解せずに暗記に頼った勉強に偏っていると、英語力は思う様には伸びません。
しっかりと、英語という語学の構造を理解した上で英語学習を続けることにより成長が望めると理解することが大切なのです。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約