英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

英語は目標を達成するための手段。苦手意識も無くなる?

2020/10/04

英語は目標を達成するための手段。苦手意識も無くなる?

 
英語学習しようと思っても「英語は苦手」という潜在意識に阻まれる方は多いことでしょう。このような意識が強い方は「目標を達成するための手段」として捉えることが重要であり、苦手意識を解消する方法の一つとなります。今回は、英語学習に必要な苦手意識の解消法についてお伝えします。

 

何故英語に対しての苦手意識が生まれるのか

 

最近は変わりつつありますが、義務教育における従来の英語学習といえば受験のためのものでした。高校や大学に合格するために単語や文法を暗記した方も多いはず。
 
しかしながら受験のための英語は入学してしまうと目標が達成されてしまい、付け焼き刃な英語力は徐々に失われていきます。日本に住んでいれば英語を使う機会もほとんどないため、英語を話すこともままならず、結果、苦手意識を持つ人が多いのです。

 

目標に花を添える役割が英語です

 

例えば英語圏に海外留学を考えている人がいたとします。留学するとなれば、当然英語が必須となるわけですが、留学を考える人のほとんどは留学することが将来の目標ではなく、後学のために海外へ行って学ぶことを選択しています。
このときの英語は目標に近づくための手段であり、英語習得が最終目標ではありません。このようにあくまでも花のように添えられている役割というのが英語なのです。
 
ここで自身の英語学習を思い返してみましょう。
英語を学習することで、将来的にキャリアアップに繋がることもあるかもしれません。
旅行が好きな方は、英語圏の旅行を大いに楽しめますし、海外に永住したいと思う方は、異性と巡り合えるチャンスを手にすることができます。
 
目標を達成するための手段に英語が必要だと考えることができれば、英語に対してのイメージも変わってくることでしょう。

 

目標がなくても大丈夫。英語は人生を豊かにする

 

目標がない人は英語が苦手なままなのでは?と不安に思う方もいるのではないでしょうか?

しかし、苦手意識を持ちつつも英語を学習することで以前よりも生活に幅が生まれます。英語学習をしている人は、すれ違った訪日客の会話に耳を傾けたり、街中の看板や広告に掲載されている様々な英単語に自然と目がいくようになるはずです。
 
このように日本語だけで生活していたときとは違った意味で生活を豊かにしてくれるため、そこからまた新しい発見や出会いが生まれるのかもしれません。

 

まとめ

 

英語に苦手意識を持っていても、「目標を達成するための手段」とすることでイメージを払拭できるのではないかと考えます。また、目標がなくても、日本語だけで生活してきたときとは違った発見や出会いがあり、人生をより豊かなものに変えてくれることでしょう。興味を持った方は、是非とも英語学習を始めてみてください。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約