英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

海外へ留学しても英語力が身に付かない人は何が悪いのか?

2020/10/04

海外へ留学しても英語力が身に付かない人は何が悪いのか?

 
国際社会において語学力の重要性は日本においても年々高まっています。英語が出来る人材を欲する日本企業も増え、海外で活躍するにも語学がネックになり挫折することすらあります。今回は、海外へ留学しても英語力が身に付かない人は何が悪いのかについてお伝えします。

 

英語は海外で絶対に身に付くは嘘

 

英語という語学はグローバルな時代では必要不可欠なスキル。
英語が話せなければ、海外留学や海外出張で成果を上げることが出来ません。英語力が低ければ、相手が言っていることが理解できないや自分が伝えたい情報を正確に伝えることが困難となります。
 
日本では英語を使うシーンが日常生活でほぼないため、英語力を向上させることが難しいとされ、海外へ語学留学などを経て英語力を身に付けなければいけないといった情報も多く発信されていますが、実際に中学生レベルの英語力で海外挑戦すれば挫折することになるでしょう。
 
語学学習というのは、そう甘くはありませんし、基本的な能力が備わっていなければ、海外で英語習得を目指すのは非常に難しいのです。そのため、海外で生活すれば必ず英語が理解できるようになるといった情報は嘘なのです。しかも短期間で結果を出せるといった情報に惑わされないでください。TOEFLでハイスコアを獲得しているや、英語の基礎が理解できている方であれば、短期間で成長するきっかけは見つけられるでしょうが、英語初心者にはハードルが高いため、挫折の経験しか味わうことはできません。

 

英語学習のスタートは基礎の理解

 

英語や日本語など言語には、必ず基礎となる構造や規則と言った概念があります。
主語・述語に動詞や名詞といった文法の使い方など押さえなければならないポイントを無視して単語や文法を暗記するだけでは、正しい文章を構築することは出来ません。
ルールを知らずにスポーツする様に、決まり事に準じなければいけないのが語学です。
 
基礎を疎かにしないことが語学学習のスタートラインとなりますので、基礎からしっかりと学ぶことが重要なポイントです。また、この基礎への理解が進むことで、暗記した情報を使いこなせる応用に通ずるため、基礎を飛ばさないようにしましょう。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語を理解するグラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解できるようになります。英語の核が強化されることによって、Listening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力も向上させられるのです。

 

まとめ

 

現代社会において英語と言う語学の重要性は、世界と対等に渡り合うには必要なスキルとなりますので、社会人や学生で英語をマスターするには留学しかないといった意識が強い方は、まず、自分自身の英語力を見直しましょう。留学できるだけの語学力が備わっていれば、挑戦するべきですが日常会話も聞き取れないや自分の意志を伝えられる英語力がない方は、国内で正しい英語学習を行いレベルアップしてから挑戦することをおすすめします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約