英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

海外大学への留学を目指す学生の意識改革と英語学習への取り組み

2020/11/06

海外大学への留学を目指す学生の意識改革と英語学習への取り組み

 
グローバル社会といったキーワードは、今の日本では当たり前のように意識することでしょう。学生にとっても、海外大学への留学や英語力の向上の問題への対策も考えなければいけません。今回は、海外大学への留学を目指す学生の意識改革と英語学習への取り組みについてお伝えします。
 

海外に行けば良い時代は終わった

 
昭和や平成初期であれば、海外留学経験があるといった学生は箔も付き、就職活動などでアピールできる内容でした。また、TOEICでハイスコアを獲得していることで、一流企業への就職が容易くできた事例もあるとされています。
 
しかし、令和となった現代では、このような英語能力だけでは将来性を約束されることは、まずあり得ません。英語力と専門的な知識に多様性のある価値観に対応する能力がなければグローバル時代を勝ち抜くことは難しいと言われています。
 
海外に行くとしても何を得たいのか、目的意識を持って臨まなければ時間の無駄とさえ言われてしまうこともあるため、確実に能力を高められる選択をしなければならないといった状況でもありシビアな世界観でもあるのです。学生にとっては酷でもありますが、目的意識を持って行動することは大切な人生の選択を迫られている状況においては大事な考えですので、海外大学への進学や短期留学であっても計画性を問われていると考えるのが妥当なのです。
 

英語学習への取り組み方

 
日本人の多くは英語を習得したいと意識的に必要性の高いスキルであることは分かっています。しかし多くの方は英語習得に挫折し、苦手意識を抱いています。
 
グローバル化の現代においては致命的な欠点にもなり兼ねない語学コミュニケーションスキルの向上を行うには、今までの英語学習ではいけないのです。正しい英語学習を行い、世界レベルで通用する語学力を身に付ける必要性があります。
 
LIBERTYでは、母国語を英語とする教養あるエリート層が操る本格的な英語習得を目指せるカリキュラムを組んでいます。グラマーテーブルを軸としたメソッドで、英語の構造や規則を理解することにより、英語の核が強化されListening/Speaking/Reading/Writingという英語技能全般の能力が向上します。
 

まとめ

 
海外大学への進学や短期留学といった選択が間違っていなかったという状況にするには、日本では養えない知識や教養に完璧な語学力を習得しなければならないという、とても高いハードルが設定されています。それを乗り越えることにより、将来活躍の場を国内外に見出せるグローバル人材へと成長することも難しくはありません。はっきりとした目的意識を持って、海外挑戦を行うことが大切であることを忘れずに、語学学習や専門分野の知識を身に付けましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約