英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

  

留学先に選ぶのはアジア・アメリカ・イギリスのどこが良い?

2020/12/05

留学先に選ぶのはアジア・アメリカ・イギリスのどこが良い?

 
学生の海外留学は、異国の地で自分一人で長期間生活することになるため、学業や語学の向上だけでなく、異文化に触れ合い親しめる環境が好ましい物です。今回は、留学先に選ぶのはアジア・アメリカ・イギリスのどこが良い?についてお伝えします。
 

留学先の選び方

 
自身の成長を促す海外挑戦は、語学力向上や知識や教養を高められる環境で学ぶだけでなく、自炊など一人で対処しなければならない事も増え、甘えていられない状況になります。進学は容易く出来るけれど海外の大学は卒業は困難だといった謂れがあるように、科目ごとに出される課題も多く必死に取り組まなければいけません。
 
語学留学にしろ、有名大学進学にしろ、自分の成長を促す留学先は、どこの国でも一緒という訳ではありません。それぞれ特徴があり、文化や宗教に国民性も違うため、馴染めない留学先を選択してしまうと、何も成し遂げられずに帰国してしまうケースさえあり得るのです。
 
日本人に最も人気が高いのがアメリカ留学になります。ニューヨークやロサンゼルスといった大都市など日本人の留学生も多いことや、最先端の新知を学べる場として各国のエリートが集まる場としても有名なのです。そのため、日本でも成績トップクラスの学生がハーバード大学やMITへの挑戦をするケースも少なくはありません。
 
続いてイギリスも、日本人留学生が選ぶ留学先として選択肢が多い環境にあります。イギリス英語とアメリカ英語の違いはありますが、高い英知や教養を養えるため非常に人気の高い留学先となっています。
 
ただし、アメリカやイギリスは物価が高いことや学費が高額であるため、そりが合わなかったからといって気軽に辞めてくるには高く付く学習環境であることを忘れてはいけません。奨学金返済など苦労することになりますので、しっかりと情報を調べてから留学先を選びましょう。
 

人気が高まるアジア留学

 
オーストラリアやニュージーランドが日本の主なアジアでの留学先でしたが、近年、フィリピンやシンガポールといった東南アジアでの語学留学をする生徒や社会人が増えています。これは、アメリカやイギリスといった国よりも、はるかに学費や物価が安いため留学を決断しやすいといったメリットがあります。
 
しかし、アジア留学の欠点はネイティブの英語力に近づけることが困難なのが問題となります。独特なイントネーションやアクセントで話す教師や学生が多いため、ネイティブレベルの英語力を養えませんが、非英語圏の日本人には丁度良いレベルとも言われているのです。
 

まとめ

 
アジア・アメリカ・イギリスなどの留学先で、卓越して英語力や最先端の新知や教養を養うことで、日本では味わうことができない経験を積むことができます。しかし、国それぞれに住まう人や治安など特徴が異なります。自分が安心して生活できる国を選ぶことも海外留学を成功させる秘訣ですので、自分が何をどこで成し遂げたいのか目的意識をはっきりさせて海外挑戦に取り組みましょう。

無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約