英語学習者へのエール

留学/大学・大学院進学/英語学習/その他関連記事

語学留学が修行みたい。海外挑戦を無駄にしないための取り組み

2021/05/03

語学留学が修行みたい。海外挑戦を無駄にしないための取り組み

 
海外の地に訪れたばかりの頃は、新鮮さが胸をときめかせてくれることでしょうが、期間が長くなればなれほど、些細な変化がストレスとなって蓄積されてしまいます。英語力のなさが要因にもなるため、語学留学による海外挑戦を無駄にしないための取り組みについて考えましょう。
 

精神面の負担

 
英語習得は、熱量が高いから、英語学習に多く時間を掛けたからと言ってすぐに目に見える成果というのを得られるとは限りません。
 
そして海外留学では目標を明確にして取り組んでいるのに、ゴールに近づけない苛立ち、頑張っているのに英語が通じないもどかしさというのは感じてしまうでしょう。
特に海外渡航というのは日本と違った文化の中で生活を送らなくてはならず、環境の変化からメンタルも落ち込みやすく繊細な状態になっているため、敏感でもあります。
 
精神面に配慮するためには考え方を変えていくことが大切になります。
海外留学は短期にしろ、長期にしろ、必ず期限があるため、帰国するまでにはという焦りを感じやすい状態になっています。
しかし、語学学習に期限はなく一生学び続けるもので、英語レベルにも上限はありません。そのため、期限に翻弄されるのではなく、今日できなかったことに目を向け改善しながら学習を継続させていくことが大切です。
 

焦りを感じる要因を取り除く

 
会話に入れない、自信が持てないといった事は、持って生まれた性格や思考が関係していることもありますが、多くの場合は英語力の低さが要因となっているケースが大半です。
そのため、いくら考えないようにしなさい、プラス思考でいきましょうといった言葉を聞いても、素直に受け止められないという人も多いのではないでしょうか。
 
マインドセットをして感情をコントロールできるようにすることは社会に出てからも大事な能力ではありますが、英語習得に関して言えば、まずは日本で教わり根付いてしまった難しい英語を捨て去ることが根本的な解決につながります。
 
LIBERTYの独自メソッドでは、究極とも言える本物の英語基礎を学んでいただきます。英語の本質を学び基礎を本物へと再構築することで英語への理解が深まるため、暗記型の詰め込み式や日本語英語でしか対応できずに難易度を上げてしまった英語から抜け出すことができます。そして、英語が苦手や難しいといった負のイメージを払拭することが可能になるだけではなく、核を強化することでListening/Speaking/Reading/Writingの4技能の能力向上にも結び付いていきます。
最短で確実にネイティブと同等の高い英語力を身に付けたい方は、ぜひ一度LIBERTYの無料カウンセリングへお越しください。
 

まとめ

 
焦りというものは、他者と比較することでも起こり得ますし、自分を追い込んでしまう要因の一つになります。そのため焦って気持ちが落ち込んで英語学習に集中できないということがないように、日本国内で英語力を高めてから海外へ挑戦することをオススメします。

帰国子女でなくても、留学経験がなくても「完璧な英語」を習得いただけます。
現在の英語力は問いません。まずはお気軽にご相談ください。

今すぐ無料カウンセリングを予約する(1分で完了)

一般教育訓練給付金適用で
受講料が最大10万円支給
グローバルエリートとして国内外で活躍できる
完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら
まずは無料カウンセリングを予約する
※ベーシックプラン(48回)が対象
無料カウンセリングのご予約 電話

完璧で本質的な英語力の習得を目指すなら

無料カウンセリングのご予約